下流老人に陥る前に住宅ローンは手放すべき

下流老人という言葉がNHKなどでも特集されていますが、これって誰にでも当てはまることなんです!

 

多くの人は家を購入する際に住宅ローンを利用していると思います。

もしそうなら、立派な下流老人になる可能性があるんです!

 

一戸建てやマンションに関わらず、家というものは新築で購入した日が価値としては最高に高値が付く時で、それからどんどん時間の経過とともに資産としての価値は減少します。

築20年もすればほぼ建物には価値がなくなり、土地の価値しか残らないのが一般的です。

 

どんなに大切に住んだ家も一定年数すれば価値が無くなる

ちゃんとメンテナンスさえすれば築20年くらいだとまだまだキレイな建物なので信じられないかもしれませんが価値はほぼありません。

 

そして住宅ローンも終わる頃からは次々と修繕が必要な箇所が発生してきて大きなお金が必要となります。

また、固定資産税などもかかりますし近頃だと地震保険なども掛け金がすごい勢いで値上がりをして家計の負担になっています。

 

はっきり言って、持ち家なんて負債でしかないんです。

 

こちらも参考にどうぞ

→ ローンが残っている家を売る

→ 退職後のローンが払えない時にリバースモーゲージ

→ マンションを手放す時の注意点

→ 家に住んだままで売れますか?

 

現金一括で家を買える人(税金対策であえてローンを使うような人)であれば老後の収入が途絶えた後でも何も心配はないと思いますが、一般の方であれば年金しか収入がなくなるはずです。

 

そんな時に、修繕費用がかかったり、税金がかかるような家を持っていることはどう考えても賢明なライフスタイルとは言えません。

 

当サイトでも何度か書いてきましたが、本当のお金持ちほど賃貸物件に住んで豪邸なんて建てない傾向があります。

とくに、事業を自分で起こされたような人は、2代目や3代目の社長さんと違い、お金を作る大切さも残す大切さも身を持って知っている人が多いため、賃貸生活を選ぶ人も少なくありません。

 

賃貸暮らしだと毎月の家賃がもったいない気がしますが

賃貸だといつまでたってもその物件が自分のものにならないので損な気がするかもしれませんが、逆にいつまでも自分に税金やら修繕費やらがかかってきません。

 

それに、住宅ローンを払い終わった人でも最後に残るのは土地の価値くらいなので、結局は建物に払ったローンは数十年かけて捨てたようなものです。

 

下流老人にならないためにも、よほどの余裕がある人でなければ私はファイナンシャルプランナーとして「手放す」ことをオススメします。

 

売却を検討される際の参考にどうぞ

→ 高値売却できる業者と査定額が分かる見積りサービスです

 

家は将来不要になった時に売ればいいと思っていませんか?

そんな自分の好きなタイミングで売れるのはよほど立地が良い家か、もしくは東京などのごく一部の人口密集地域の話です。

 

今でさえも空き家問題が話題になっているくらいですから今後はもの凄い勢いで空き家が増えてきます。

しかも今と違って今後の空き家は平成築の家やマンションなどで見た目もオシャレで新築と大きく見栄えが違わないものが増えてくるはずです。

 

そうなれば中古の売り家や売りマンションは今とは比べ物にならないくらい安値でしか売れない時代になります。

仮に今なら築20年の家が1000万円で売れる物件があるとします。

これが今後は半値の500万円にしないと売れない時代になるかもしれませんよ!

 

とりあえず、今ならいくらで売れるか?それは知っておくべきだと思います。

ローン残高に足りない部分はその分だけを新しく借り入れを利用すればローンを一括返済できて売却することができますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ