不動産屋がつけた値段通りに家は売れる?

不動産屋さんがつけた値段どおりに家が売れるかどうかは、あなたがどの不動産屋を選ぶかで決まります。

物件が持っている力(魅力)を見極めることができ、それを勧めるのに適したお客さんを抱えている不動産屋であれば最初につけた売値のままで売却は成立します。反対にそうでない不動産屋なら簡単に100万円以上も安く売られてしまうことだって珍しくありません。

どうしてそんなに売却結果に差がでるんでしょう?

それにはいくつかの理由があります。まずはその不動産屋があなたの家を売る事に適しているかどうか?ということです。もう一つは経験豊富で腕が良いかどうか?です。

※どちらかと言うと前者の「適性」の方が大きな影響力を持っています。

適性の悪い不動産屋なら物件のニーズとはズレたお客さんに紹介してしまうので、最悪の場合、値引きをするしか魅力を訴えられなくなります。

次に、経験の乏しい不動産屋なら自信の無さが原因となり最初から安くて売れやすそうな低価格をつけてしまいがちです。

もう少し詳しく説明してみたいと思います。

その不動産屋さんはあなたの家の売却に適していますか?

不動産屋にはいろんなタイプがあって、売却専門もあれば売却と賃貸の仲介を半々でしているところ、またはたまに売却も受けるけど実際にはほとんどが賃貸仲介というところなどです。

厄介なのは売却の仕事をまとめると賃貸の仲介で手に入る手数料とは桁違いに収入が大きいことで、これを知っているから自社に販売する自身がなくてもとりあえず売却依頼を受けてしまうんです。

その際に、たまたま適正な売値をつけてくれればまだマシですが、酷い場合には相場よりも遥かに安い売値をつけてバーゲンセールをされてしまったり、反対にとんでもない高い値段をつけられて売れ残り、結局最後に売値を大幅に下げてまるで処分でもするかのような売り方をされてしまう恐れがあります。

そこは本当に売却に強い業者ですか?

最初に不動産屋を選ぶ際に、そこが売却に強い業者なのか?それとも賃貸に力を入れてそうな業者なのか?ホームページなどをチェックすることで感じとることは十分に可能です。

ホームページを最初に見た瞬間に売り物件ばかりが目立つように掲載されていれば売買メインと分かりますし、賃貸マンションやアパートの情報が目につくようなら売却を依頼すべきところではないと思います。少なくても今までに複数の県でいくつもの家を売却してもらった私の経験上からもそういった業者への売却は避けるか後回しにした方が得策だと思います。

その不動産屋さんは売却経験が豊富ですか?

不動産屋さんの営業マンはとにかく独立をする傾向が高く、そのため街には数えきれないほどの不動産屋さんが存在します。新規オープンした不動産屋さんだから経験が浅いという判断もできませんが、代表者が1人だけベテランでその他は新人のかき集めということはよくあることです。

そういったところに売却依頼してしまうと、仕事が円滑に回っていないせいで依頼した話が埋もれてしまい、数週間経ってもまるで売却のための活動がスタートしていなかったなんて事も有り得ます。

特に春頃の繁忙期には仕事を無駄なく回すことができるようにスタッフ全員が仕事に慣れているところでないと売却依頼するのは不安です。

結論!腕の良い不動産屋とその物件にマッチしたお客さんがセットになれば高く売れます

相場とズレのない売値と腕の良い営業マンが組み合わされば相場価格で家を売ることは十分に可能です。

そればかりか、予算がたっぷりあるお客さんを抱えていて、なおかつあなたの家の間取りや場所を気に入ってくれるお客さんを抱えている営業マンなら、適正な売値(相場)よりも1~2割も高く売ることは不可能ではありません。

実際に私が過去に売却してもらった築18年の家のケースでは、駐車場がない一戸建てを腕の良い営業マンによってあっさりと相場以上の価格で売ってもらえた経験があります。

その購入者は近所に兄妹が住んでいてそこに車を置くことができるので別に駐車場の有無はどうでもよかったらしく、それよりも私が売りに出していた家が静かで見晴が良かったことが何よりの決め手になったそうです。

実はこの家を他の不動産屋さんに声をかけた時には「この場所で駐車場がない戸建てはだいぶ安くしないと売却は難しいですよ」とどこも同じ事を言っていたんです。結局、売却の仲介をしてくれる不動産屋(営業マン)次第で、家の売却はなんとでもなると言うことがよく分かった体験でした。

そういった高く売ってくれる営業マンを探すには、とにかくあちこちから売値の見積りを集めてみれば簡単に見つけることができます。どこよりも高い売値をつけてくれる営業マンなら、ちょうど欲しがってくれるお客さんを抱えているという意味にもなるからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ