不動産屋への手数料なしで家を売りたい

不動産屋への手数料なしで家を売る方法があります。

別に、特別な方法でもありませんし、違法な方法でもありません。

(でも、ほとんどの人はそんな危険な事はしません。理由は後ほど・・・)

 

話を戻しますと、手数料ナシで売買するには、間に不動産屋さんを入れなければいいだけです。

 

売り手と買い手が直接に売買をして、登記などのように自分でできない部分だけは行政書士事務所などに依頼すれば、不動産屋さんへの手数料は0円で済みます。

 

ちなみに、手数料は400万円以上の物件の場合にはどんな価格でも同じ計算式で出ます。

(物件価格3%+6万円 です。)

仮に400万なら18万円、1000万の売買なら、36万円になります。

 

不動産屋への手数料がなければ、これだけの金額がタダになるので嬉しいですよね!

でも、世の中のほとんどの人は、この手数料の大きさを知っていても、あえて不動産屋さんを利用しています。

 

それには大きな理由があるんです!

 

皆が不動産屋に手数料を払っている理由

不動産屋を売買の間に入れることで、売却した家になにか問題がある時でも、業社が間に入ることで売買に関する金銭トラブルを防ぐことができるんです。

 

家を売る際に、いきなり貯金を降ろしてきて払える人はいません。

ローンを利用される人がほとんどだと思います。

 

そのローンが契約の直前に審査落ちしてしまい、話が流れてしまうという事が、家の売買ではつきものです。

もし、売れる予定でいたのにそんなことになれば、売主としては時間も手間も大損ですよね。

 

そんな時、不動産屋を間に入れた契約をしていれば、ペナルティーとして手付金を貰えます。

手付金は100万円などが相場なので、直前のドタキャンをされてしまっても、それだけの額を貰えるのなら悪くはない話だと思います。

 

仮にドタキャンされても手付金をもらうことで、不動産屋への手数料も余裕で払えますし、売却する時に予算に余裕ができるので、多少の値引きをしてあげて、早く売れるようにするという方法もとれるようになります♪

 

もちろん、購入者側からしても、何かあった時のために間に不動産屋を入れることで、大きな安心感があります。

なので、売買に慣れていない方はもちろんのこと、年中売買を繰り返しているような不動産投資家のような人でさえも、必ず売買には不動産屋さんを利用するんです。

手数料なしで売ってくれる業者はどうして存在するのか?

普通に考えれば手数料なしで売ってくれる不動産屋が存在する意味がわかりませんよね。当然、社会奉仕でやってるわけじゃなくてちゃんとした理由があるんです。

 

「手数料なし」の理由は、その業者のほとんどが自社で買取りをした後に転売をしているからです。目の前の手数料が無くても買取りをした後に転売して十分に儲けられる目処が立つから購入してくれるわけです。

 

ただし、これは私の経験上ですが、転売目的で購入してくれる業者は一般の人に売るよりも安くなりがちです。転売業者はいわば不動産のプロなので相場額も当然知ったうえで購入をするからです。

 

これに対して、手数料を払って売る相手は「一般の人」ですから、相場額を知らずに高値で買ってくれることもあれば、立地の良さやデザインの良さなどであなたの売り家に惚れこんでくれて高値で買ってくれる人もいます。でもそれは不動産の素人が買ってくれるからです。

転売目的の買取り業者の査定額が厳しい理由

転売して儲けを出す買取業者のようなプロが素人のように無駄に高いお金を払うことはしません。むしろ、どれだけ安く買えるか?に力を入れるくらいです。

 

もちろん、買取業者が相手の場合には即金性が高いというメリットもあります。ただし、安く買い叩かれないようにするためにも、事前に複数業者から査定をもらっておいて正しい相場額を知っておかないと何百万円も大損させられるリスクもあります。(どんな業界でも誠実な業者もいれば悪徳業者もいますからね。)

 

なお、どの業界の営業マンからしても自分の売ろうとしている物の正しい価値を知らない人ほど交渉(安く買い叩く)がやりやすいそうです。

なぜなら、仮にあたなが「この査定額は安過ぎるよ!」と言っても「安いという根拠はなんですか?」って言い返されたら終わりですからね。そのためにも欠かせないのが事前の一括査定だったりするわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ