中古マンションの1階を上手に売る方法

中古マンションの1階を上手に売るには、不動産屋が持つ「見込み客のリスト」が大きく左右します。

 

もともと、1Fはあまり人気がないと言われていますが、それはあくまで一般的な話で、なかには事情があって1Fを好んで住む人も沢山いるんです。

中古マンションの1Fを買いたい人はいる!

  • 足や膝、腰が悪くて階段を使いたくない人
  • 2F以上の部屋にはないベランダの広さを求める人
  • いちいちエレベーターを使いたくない人
  • 高いところが苦手な人

例をあげればきりがありませんが、こんなふうに1Fじゃないと嫌だという人が、中古マンションを買いたい人のなかには確実にいます。

 

でも、肝心の不動産屋さんが、こういったお客さんのリストを持っていないと、たぶんなかなか売れません。

 

じゃあ、どうすればそんな見込み客リストを持った不動産屋さんを見つけられるか?

実はそれって簡単なんです!

あなたのマンションを高く早く売ってくれる不動産屋の見つけ方

1Fはもちろんですが、何階の部屋でも、一戸建てでも、空き地でも、どんな不動産でも早く高く売ってくれる不動産屋さんの見つけ方があります。

 

それが、日本最大級の一括見積もりサービス(無料)を使う方法なんです。

本気で高く早く売りたい方には欠かせません!→ 物件に合った業者と査定額が分かります!

(私も利用してますが結果はメールで教えてくれしつこい勧誘もありません。)

 

ここで紹介してもらえるところが、マンション1Fを一番高く売る自信があるという意味になります。

 

高く売る自信があるということは、過去に1Fの部屋を沢山売ってきた経験があったり、ちょうど今、そのエリアでその間取りで、1Fのマンションを買いたい人を抱えているという可能性も大きんです♪

 

こういうこと、ホントにあるんです。

マンション1Fを高く売れるのが本当に優れた営業マン

マンションの1Fは一般的なイメージとして、湿気が多いとか、防犯が心配とか、地震の時に恐いとか、いろんなデメリットがあるようです。

 

でも、実際には、空き巣が入るのが一番多いのはマンション最上階なんです。

さらに、湿気だなんて、昔の木造アパートとか、よほど周囲を囲まれたマンションでないと、あまり関係ありません。

 

それに地震で1Fが潰れただなんて話、東日本大震災の時でも見たことがありません。

海外にあるいいかげんな造りのマンションとかの映像で影響されているのかもしれませんね。

 

そういった事をしっかりと説明ができて、そのうえで、1Fに住むメリットを沢山紹介できる営業マンこそが、本当に優れた不動産屋の営業マンだと言われています。

 

「デメリットがあるから売れない・・・」、こんな素人みたいな理由でいつまでも売れないままの不動産屋さんがあれば、すぐに上記で見積もりを集めて、最高値の業社に依頼してみてください。

 

売れるか売れないかは、物件の力よりも営業マンの力次第ですよ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ