事故物件の家を売る時 正直に言った方が良い?

事故物件の家を売る時は正直に言った方が良いのでしょうか?

 

売り主が不動産業社に依頼をする際に伝えておかないといけない事は、「理由」によります。

仮に、離婚を理由に売却するなんてことなら、別に正直に言う必要もありませんし、嘘も方便で問題はなにもありません。

 

でも、売却予定の家で事故(自殺や事件で人が亡くなった)の場合には、不動産屋さんに正直に言わないといけないんです。

 

どんなに隠そうとしても、いずれは近所の人の話などでバレちゃいます。

バレた時に、事故の話を隠していた事が分かれば、大抵の場合は訴えられしまいます。

 

この時、売買に不動産屋さんを挟んでいたとしても、不動産屋さんにさえ隠していたとなれば大変です・・・

 

不動産屋さんは購入者に対して、物件での事故情報などを事前に伝えないといけないルールがあるんです。(告知義務)

 

それが適切に行えないように欺いてしまえば、購入者から訴えられても、だれも見方にはなってくれません。

 

売った家のお金を戻さないといけないのは当たり前ですし、さらに時間や手間などを含めた損害賠償を請求されてしまいます。

事故物件を売る力のある不動産屋は限られる

事故が起こった家やマンションを売るには、かなりの腕が必要になります。

それは、購入しそうなお客さんのリストを多くもっているかどうか?という意味だったりします。

 

普通の不動産屋さんでは、見込み客が限られるので事故物件を売ることは難しいんです。

でも、一括見積もりサービスを使えば膨大な相手に情報を伝えられるのですぐに売れる可能性があるんです!

 

こちらからどうぞ→ 例え事故物件でも簡単に最高値とその相手がすぐ分かります

 

ここで見つかる不動産屋さんは、一般のお客さんの他に、賃貸用の家を探している不動産投資家のお客さんをもっていたりもするので、例え事故物件であっても、スムーズに売ってもらえる確立はぐっと高くなるんです。

 

事故物件でも気にせず買う人はいます

事故物件を売る場合には、買い手はだれも見つからないと思われるかもしれません。

でも、実は事故物件だと一般の家よりも安い傾向があるので、好んで購入をする人もいます。

 

世の中には気にしない人もいるんです。

それに、不動産投資家などの場合には自分が住むわけじゃないので、安ければ気にせず購入して、賃貸物件として貸すことも多いんです。

 

実は賃貸物件の場合には、入居者が2人目に入れ替わった時点で、事故があった物件だという告知義務が消滅するルールもあります。

それを知っている大家さんなどは、わりと平気で購入するんです。

 

だから、事故があったことを隠して売ろうとする必要はないんですよ!

事故物件を売るなら内装のリフォームは効果的!

事故物件ということを買い手に知られてしまう以上、なるべくマイナスの印象を消す努力が必要になります。

 

比較的、新しい家などの場合には、状態が綺麗なままなら、何もしなくても売れるかもしれませんが、それでも問題があった部屋だけでも、内装のリフォーはされた方がイメージとしてはかなり印象が良くなります。

 

やるなら、天井と壁のクロスの張替え、それに床の畳やフローリングをやり替えるくらいが必要になります。

 

できれば、天井の照明や壁のコンセントカバー、それに、壁の照明スイッチなども費用が安いので変えておいた方が無難です。

なぜそこまでやるか?

 

それは「目に見えるものは全部新品に換えてます!」と言えるからです。

これ以上、分かりやすくて効果的な言葉ってありません。

8畳の一部屋だけなら、これだけ全部やっても20万円ほどで収まります。

 

この20万円を使うだけで、家が早く売れる事にもなるので費用対効果はバツグンです。

不動産投資家なども地方の家やマンションは常に探していて、その場合にも、部屋のリフォームを購入後にする手間がかからないと分かれば、購入を検討する人も増えますし、不動産屋さんも紹介がしやすくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ