任意売却で家を売るメリット

任意売却で家を売るメリットって何があるんでしょうか?

調べてみました!

競売よりも高く売れて借金返済がラクになる

競売だと、ヘタすると市場価格の3割程度という激安で売れてしまう可能性があります。

でも、任意売却ならほぼ市場価格で売ることができるため、法律事務所などへの依頼費用を払っても、何百万円も手元に残る額が増えます。

 

結果的に、借金返済がラクになります!

 

隣近所や職場などに知られずに進められる

競売の場合には、公に告知されてしまうので、ネットの閲覧で誰にでも知られしまう可能性があります。

最近はサラリーマンなどでも競売物件を安く手に入れて賃貸収入を得ようとしているので、多くの人が競売情報をネットで見てます。

 

直接の知人が見てなくても、その家族などが見ている場合、住所などをもとに下見に来ることがあります。

それで表札を見たり、近所の人に声をかけられることで、家が競売にかかっていることがバレてしまうケースが多いそうです。

 

でも、任意売却の場合には、普通に家を売る方法なので、売家だということを、特定の人以外には内緒のままで進められるんです。

 

引越し日や費用の確保ができる

返済先との交渉をしつつ処理を進めるために、話し合いによって引っ越し日をこちらに都合の良いようにしてもらえることもあります。

また、お金がないために引っ越しができない状態になると困りますが、そういった点も配慮をしてもらえるんです。

 

これが任意売却という手を打たずに、競売にかかってしまうと引越し日も勝手に決めらるうえに、費用すら残らなくなります。

 

売却後でも住み続けられる

任意売却をする大きなメリットの一つに親子間売買という手があります。

この方法を使えば、任意売却をした後でも家にそのまま住み続けることができます。

 

これが競売だと、高値で入札する人がいれば、他人に家を取られてしまいます。

それに、いくらで入札してくるかも分からないので、身内に入札を依頼した場合には大損する可能性もあるんです。

競売入札だと大損する可能性があります!

オークションなら、他に誰も入札者がいなければいくら高値を入れてもスタート価格で落札できます。

でも、競売は入札した額が決定額になるんです。

 

仮に競売の開始価格が500万円だとしまうす、それに入札者が自分一人しかいなかったとしても、ライバルがいると想定して、1000万円を入れてしまえば、1000万で落札になります。

これが競売入札がコントロールできないリスクなんです。

 

任意売却をすれば、競売のようにムダに何百万円も払うことがなくなるんですよ。

任意売却の相談で人気なのがこちら→ スタイルエッジ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ