住宅ローンの失業補償特約が終わっても返済できなければどうなる?

住宅ローンの失業補償特約後に、それ以降の返済ができなければ滞納扱いとなります。

 

1回くらいの滞納なら「残高不足に気が付かなかった」で済みます。

でも、2回続くと、ローン会社の対応は一気に厳しくなるんです!

 

返済の目処が立たないと判断されれば、「滞納→差し押さえ」になるのもあっという間です。

 

差し押さえられても、借金なんてほとんど減らないことが多いので、何も対処しなければ、家を無くした後に自己破産になることも多いんです。

 

そうなる前に、自らの意思で家を売りに出した方が絶対に得策です!

ローン地獄から抜ける手段→ ローンが残っている家を売る方法

 

失業補償特約の対象にならないケースもあります

失業補償特約というのは、勤務先の倒産や廃業・会社事由の解雇、それに一時的な希望退職の募集とか退職勧奨等が原因の失業だけが対象になります。

 

なので、うっかり自己都合で退職手続きをしてしまったら、対象にはなりません。

もし勘違いで特約対象になると思っていた方はご注意ください。

 

差し押さえ後の競売で売られても安心できない理由

住宅ローン滞納で、家を差し押さえになると、ヘタすると本来の家の売値の3割程度という激安価格で競売落札者に渡る可能性があります。

 

そうなれば、住宅ローンの返済にまわせるお金も、たったの3割にしかならない事になります。

 

もう・・・そうなってしまうと、いよいよ残された方法は最悪の自己破産しかありません。

 

実は、今の時代は一般のサラリーマンや主婦もなども競売に入札していて、入札スタート価格に1万円を上乗せしただけで入れるケースが増えているんです。

 

ちなみに、競売のスタート価格は、固定資産税評価額の3割あたりです。

通常、固定資産税評価額よりも売値は高くなるので、ヘタすると、売値の3割以下しかお金が戻らないリスクがあります。

 

(例)

家の適正な売値が1500万

固定資産税評価額1000万

競売開始価格  333万円

 

こんなイメージになります。

 

もし、差し押さえ前に売れば、1500万のお金が戻ることになり、ローン返済にたっぷり使えます。

でも、それをせずに放置すれば、最悪の場合、安値狙いの競売入札者に333万円で買われてしまう可能性が高いんです。

 

近頃だと転売する一般の人も多いので、どっかのサラリーマンや主婦などに、333万円で落札された家を1000万~1500万などで転売されるという悲惨な事もありえます。

 

そんな事にならないためにも、ぜひ、家を高値売却して、返済地獄から開放されることをオススメします。

まだ今なら、以前のような住宅ローンがない生活にきっと戻れますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ