古い家をそのまま売るか?壊して更地で売るか?

古い家をそのまま売るか?壊して更地で売るか?

築40年程や築100年以上のボロボロの古い家の場合いはそのままで売るか?それとも壊して更地にして売るか迷いますよね。

そんな時は、まず家付きで売り出してみてください。

 

もしかすると、あなたにとっては古い家と思っていても、他の人からすれば5年でも10年でも住める家ならありがたい事もあるんです。

それに、家を壊すとなるととんでもなく大きなお金が掛かりますよ。

 

不動産屋さんには「取り壊しの希望があれば更地売りも可能」と、伝えておきましょう。

取り壊しの費用があれば壊した方が早く売れやすい

もしも、古い家の取り壊し費用があるなら、壊してしまって、すっきりと更地にした方が早く売れやすい傾向があります。

 

というのも、更地なら次に買う人もすぐに家が建てられますし、取り壊しの費用を調べたり、業者を選ぶような手間がかかりません。

次の人の手間を省いてあげれば、自然と売れる確立は高まります。

査定をもらえば壊すかどうかの判断材料にもなります

取り壊しをする場合でも、せずに売る場合でもひとまずは少なくても3社の業者から見積もりをもらって、比べてください。

 

複数社分の見積りを比べる理由は、業者によって「木造住宅の販売に強い」とか、「コンクリート造なら販売に強い」など強みが異なるからです。

→ ここならネットから無料で見積り査定が最大5社分も集められます(しかも登録業者数は全国トップクラス)

 

査定サービスなどを利用して複数社から見積もりを集めれば、その最高値のところに売却を依頼すればあなたの家と相性の良い業者を選ぶことができるので安心なんです。

家の取り壊し費用は高い

家の取り壊しは、その建物の構造が木造か?軽量鉄骨か、鉄筋コンクリートか?構造によって大きく違ってきます。

最も安いのは木造で、高いのはコンクリート造です。

 

ちなみに、少し前までは木造の1戸建てなら取り壊しが50万円なんて事もありましたが、最近は分別などの手間が増えた事もあって100万近くになっているんです。

同じ大きさの家でも、木造なら取り壊しが100万円、コンクリートなら150万円というように、処分のしずらい材質ほど値段が高いです。

 

なので、古い家付きの土地を売る場合には、ホントは家が無い方が、次に購入する人の手間がかからないので売れやすくなる傾向があります。

家の取り壊し費用が業者によって異なる理由

壊した住宅から使える物を転売したり、再利用できる業者なら他社よりも当然安く引き受けてもらえます。

 

特に、コンクリート造りの場合にはその差が大きいんです。

コンクリートって、燃やすことができないので、とても厄介な材質で処分費用も高いんです。

 

でも、古いコンクリートを砕いて砂利を作って工事現場用などに売却をしている業者なら、取り壊しで出たコンクリートを自社に持ち帰り、加工後に売却をするので、取り壊し費用を安くできる強みがあります。

 

こういった事は、看板や広告には書かれてませんので、見積もりをもらい、その際に他社よりも安ければ、きっとそんな理由だと推測できるんです。

ぜひ、予算があれば古い家は壊して、綺麗な更地にして売却をしてみてください。

(土地に古家が残ってると、売れないうえに、「家を壊す費用を値引きしてほしい」なんて提案をされるのがオチです。)

サブコンテンツ

このページの先頭へ