土地の売値の決め方

土地の売値の決め方は主に4つの方法があり、いずれを使うかは自由です。でもどれか1つの方法だけで売値を決めてしまうことはありません。

 

それほど土地の売値は単純な決め方ではなく最後は不動産屋の経験などによってさじ加減を調整します。つまり不動産屋によって売値は大きく変わってくるものなんです。

※私は地方で不動産投資をしているため中古住宅を土地ごと購入したり、時には売却をすることもあります。なので土地の売値の決め方についても詳しいんです。

 

もし土地を売ろうとされているなら不動産屋選びが売値で損するか得するか決まると言っても過言じゃありませんよ。

そこで今回は、土地の売値の決め方と売値で失敗しない不動産屋選びについてもご紹介したいと思います。

土地の売値の決め方 基本となる4種類について

  • 路線価
  • 固定資産税評価額
  • 地価公示価格
  • 基準地価

ちなみに上記の4つについては特にどれも詳しく知らなくても困るものではありません。むしろ意味を知ったことで不動産屋が提案してくれる売値に混乱してしまうかもしれません。

と言うのもどこの不動産屋でさえも上記の4種類は”参考にする程度”だからです。(一応、当ページの最後でも簡単にまとめてみました。)

これが本当の土地の売値の決め方!

不動産屋に頼んで土地を売ってもらう際の本当の売値の決め方は「不動産と売り主であるあなたとの話し合い」で決めます。実は土地や建物など不動産の売値は売り主が自由につけて構わないからです。

 

仮に1坪あたりの相場が20万円の土地があったとします。その土地を売りたい持ち主が「22万円で売りたい」と思ったら1坪25万円で計算をして土地値を決定するわけです。

(※相場=近隣で売られてる似たような土地を参考にすれば分かるんです)

 

この時、重要なのはあなたが声をかけた不動産屋があなたの売ろうとしている土地と相性が良いかどうか?です。

 

もし相性が悪い不動産屋なら高く売る自信がないため「1坪18万円くらいでないと売れませんよ」と弱気なアドバイスをしてくることになります。でも逆に相性が良い不動産屋なら高値でも売れそうな顧客を抱えている可能性も高いので「この土地なら1坪25万円でも売れるかもしれません」と強気で売出してあっさり売れる可能性もあります。。

 

つまり、不動産屋が高く売れそうな顧客さえ心当たりがあれば相場なんて無視した高い売値でも売れるというわけです。

あなたの土地を高く売ってくれる不動産屋の選び方

あなたの土地を高く売ってくれる不動産屋の選び方ですが、これは不動産屋の名前や店の立地をもとに選んでも意味がありません。それだと単なる勘で選んしまうことになります。

 

実は、最も高く売ってくれる不動産屋を探すのは簡単で、ネット上から利用できる不動産の一括査定サービスを使うだけでいいんです。

土地を売る方に人気の過去記事です→ 田舎の土地を売る

 

不動産の一括査定を利用すれば優良な不動産屋だけを利用することができるので査定でもらえる金額が信頼できます。次に、複数の不動産屋からまとめて査定がもらえるので、どこが最高値で売ってくれる自信があるかすぐに見分けることができるんです。

 

最高値の査定を出してくれるということは、すでにその高値で売れそうな顧客を抱えている可能性がありますし、過去に土地を売ってきた経験から今回のあなたの土地も高く売れると判断しているなど、何かしら根拠のある高値ということになります。

 

もしこうした一括査定を利用せずに、ご自身で地元の不動産屋に声をかけてしまうと、そこがたまたま相性が良い業者なら良いですが、相性が悪い業者に依頼してしまった場合には相場額でも売れなかったり、1年や2年経っても売れない可能性さえあります。

一括査定サービスなら土地を買取りしてくれる業者も見つかりやすい

一括査定サービスは日本全国の1,000社を越える優良業者が登録されていますが、その業者の中には自社で買取りをしてその後に転売をする業者や家を立ててから家と土地のセットにして自社で売る業者などいろんな不動産業者がいます。

 

土地を売るだけの業者・土地を買取りして自社で家を立てて建売りにする業者、それに場合によっては自社利用で買おうとする業者もいるくらいです。

一括査定ならそんな幅広い可能性をたった一度の入力をするだけで拾えることもあるんです。

路線価・固定資産税評価額・地価公示価格・基準地価とは

路線価

国税庁が年に1回8月に公表する数字で、不動産鑑定士などによって算出される宅地1平米あたりの価格のことです。主に贈与税の計算をする際に利用される価格のことです。

ちなみに、国土交通省が毎年3月に発表する公示価格の8割を目安とされていたりもします。新聞やニュースで聞き覚えのある人も多んじゃないでしょうか。

固定資産税評価額

その名の通り固定資産税を算出する際の基準となる数字です。

実は、家が競売にかかった際の入札スタート価格は固定資産税評価額の3割が目安といった使い道などにもされています。固定資産税の支払い用紙を見ればそこに現在の価格が記載されているのですぐに知ることも可能ですよ。

地価公示価格

国がリサーチをして算出した個別地点の価格です。私達一般市民が土地を売買する時の指標にすることもできますが、実際には公共事業に役立てる方が多いようです。

基準地価

基準地価は国ではなく県が不動産鑑定士に依頼して特定の地点での価格を評価させ発表している数字です。さきほどの公示価格とほぼ同じのようです。

まとめ

  • 土地の売値は決めるには主に4つの方法がある。
  • 土地の売値を決めるのは自由なので不動産屋と売り主の相談で決める
  • 高く売るには最後は不動産屋の経験が左右するので不動産屋選びで損得が決まるといっても過言じゃない
  • 土地を高く売ってくれる不動産屋を探すには一括査定を使えば簡単

(参考にどうぞ)土地を売る方に人気の過去記事です→ 田舎の土地を売る

サブコンテンツ

このページの先頭へ