売りに出している家の値段が適正かどうか知りたい

売りに出している家の値段が適正かどうか知りたい時は、方法はたった一つ!

 

それは、複数の不動産屋さんから見積もりをもらえば一目瞭然です。

 

近頃は一度の入力だけで、複数の不動産屋からの売値についての見積がもらえるため、簡単に見比べることができます。

売値について見比べることで、相場がどの程度なのか誰でも簡単に把握できます。

 

それに、その中の最高値のところに売却をすれば、どこよりも高く売れる確立がぐっとUPします。

 

そんな見積りサービスのなかで、特に人気が高いのが日本最大級の約1200社もの業者が登録されているものです。

→  利用者満足度が98%なのも納得できました

 

 

それに、家を見せなくても大まかな金額ならすぐに分かります。

もちろん、最高値の見積もりをくれた不動産屋さんに売却依頼すれば高く売れやすいんです!

 

相場よりも高値でも営業マンの腕が良ければ売れる!

もし、売りに出している家の売値が、相場よりも高い場合でも、簡単に売れることがあります。

それは、担当してくれる不動産屋の営業マンの腕が良い場合です。

 

腕の良い営業マンは自分が住んでいるのと同じくらい細かな点を把握しています。

例えば、子供の通う予定の学校が評判の良いところかどうかを把握していたり、隣近所がどんな人が住んでいるかなども、事前にリサーチして把握しています。

 

家について不具合の有無を把握している事などは当たり前でそれ以外の生活をするうえで気になるポイントを知っているんです。

これから大金を払って住もうとする人に安心感を与えてリサーチする手間を省いてあげることで購入者の気持ちを掴めているんだそうです。

 

反対に、適正価格で売りに出している家も、家の事しか把握していない営業マンが担当すると、なかなか売れない事も多いんです。

 

腕の良い営業マンは自信があるから高値を提示する

見積もりサービスを利用すると、どこよりも高い売値をつけてくれる業社が見つかることが多々あります。

こういった不動産屋さんは、今までの実績で相場より高く売る自信があるんです。

 

それは、すでに「購入見込みのお客さんを抱えている」ということもありえます。

こんな時は、売却依頼をしてから数日で売れる事もあります!

 

逆に、相場程度か、それよりも低い売値しか提示できない不動産屋さんは、過去に似たような物件を安い売値でしか売却したことがないかもしれません。

それに、すでに売却依頼する前に、高値の見積もりが出せないということは、間違っても高く売れる可能性はありません。

 

他の業社さんがよほど悪い印象でも無い限り、安い見積もりしか出してくれないところには、売却依頼する理由はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ