売り家の室内の壁が穴だらけでも上手に売れる方法

今までに沢山の売り家を見てきましたが、小さなお子さんがいる家などは室内の壁が穴だらけという物件も沢山ありました。

そんな家を売る場合には特に不動産屋選びは重要となり「近所にあるから」などと適当な理由で不動産屋さんを選んでしまうと安い値段でしか売れずに大損をすることに繋がります。

 

でも大丈夫です、どんなに壁が穴だらけで見た目がひどい家でも高値で売れる方法があります。それは、複数の査定を利用して最高値の業者とその価格を知る方法になります。

ただし、査定をもらうにはコツがあって優良業者から複数の査定を要領良く集める必要があるんです。

→ そのために欠かせないのがネットの無料査定サービスになります

 

これなら最高値で売ってくれる業者がどこか?その値段はいくらか?が簡単に分かりますが、もし高く売れるならそのまま修理せずに売るのも良いかもしれませんね。

でも、もしも可能なら、最低限の修理をした方が内覧者のウケは良くなるので売れやすくなるのは間違いありません。

(修理費用分なんてすぐに売値に上乗せすることだってありなない話じゃありませんよ。)

思わぬ高値がみつかった時に更に売れやすくするには

穴の部分だけでも修理すれば、家の売値をその修理にかかった費用分くらいは簡単に上げることができます。

それに、何と言っても、壁に穴が開いた家を売るよりも、綺麗な壁になった家を売る方がはるかに売れるまでのスピードアップにも繋がります。

 

内覧に来てくれた人への印象が良くなることは当然の理由ですし、意外な点としては、不動産屋の営業マンがお客さんを連れてきてくれる数が多くなるという効果もあります。

印象が良い家なら不動産屋さんも自信を持ってお客さんを連れて来れるからで、もしも壁に穴が開いたままの状態なら、営業マンも弱気になって連れて来てくれる人の数はどうしても少なくなるものなんです。

 

それに、下手をしたら不動産屋さんがお客さんに怒られてしまう恐れだってあります。「どうしてあんなボロボロの家を見せたんです?買うわけ無いじゃないですか」なんて言われた不動産屋さんは、もう二度とあなたの物件には内覧者さんを連れて来てはくれなくなるかもしれませんよ・・・。

営業マンも人間ですからプライドがあります、なので、最低限のマナーとして見た目のひどい部分くらいは修理をしてから内覧者さんと不動産屋さんを迎えいれるのが理想的なんです。

壁に穴が開いた家だと買い手に値引き材料を与えてしまう

壁に穴が開いてる場合、購入してくれた人はまず間違いなく購入後には修理をすることになります。

そのためには壁穴の補修だけでなく、壁紙の張替えも必要となります。壁の穴が一箇所だけの場合で数万円はかかりますし、何箇所もの壁に穴が開いてる場合には10万円を超えることもありえます。

 

最悪なのは部屋だけでなく廊下の壁など異なる部屋の穴の補修が必要な場合で、この場合には壁紙の張替え費用だけでも20万円や30万円になることだって十分にありえるんです。

こうした「修理が必要な物件」というのは、値引き交渉の都合の良い材料にされてしまうものです。近頃はそうしたテクニックを紹介した書籍なども多く出回っていたりブログで知識をつける人も多いため、どこか値引き交渉に使えるマイナスポイントは無いかと探してるくらいなんですよ。

 

当然、壁の穴なんて格好の値引交渉材料となり、本当なら10万円や20万円もあれば修理ができるはずのものでも50万円の値引きに繋がったり、家全体の印象の悪化に繋がり、100万円以上もの値引に繋がってしまう恐れもあるんです。

余裕をもって修理に対応をするためにも、まずは最初に査定比較をおこない「どこなら高く売れるか?最高値はいくらか?」を把握するところからはじめてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ