子供の進学費用のために家を売りたい

子供の進学費用のために家を売りたい時、心配なのは一定の期間内に無事に売れるかどうかじゃないでしょうか。

 

下手な不動産屋に売却を依頼してしまうと、1年以上も売れずに大変なことになりますよ!

 

それは、その不動産屋が売ることをサボっているわけじゃなくて、買ってくれるお客のリストなどを持っていないことも原因の一つです。

通常、売る力のある不動産屋というのは、購買力のあるお客さんのリストを独自にもっています。

 

そのため、売却依頼をすれば、購入確立の高そうな人から順に連絡を入れることができるために、売却までのスピードも早く、しかも高値で売れることも多いんです。

 

場合によっては、不動産投資家の情報ももっているために、そういった方に売却するルートももっていたります。

 

また、売却先のルートもそのように多岐にわたるため、購入順序が1番の方がローンが通らずに買えなかったとしても、すぐに二番手のお客さんに連絡をまわして、無事に売却をせいこうさせることもできるます。

 

子供の学費のために家を売りたいけど住宅ローンが残ってる

いくら子供の学費のためとは言え、ローンが残っている場合には、簡単に売却することはできません。

 

住宅ローンの場合には、基本的に一括返済をしないかぎり、売却をすることが許されていないからです!

 

じゃあ、ローン中だと売れないかと言わればそういうこともありません。

ローン中の場合でも、残りを一括返済できれば問題がないんです。

 

一括返済するには、現状の残高と売値を比べてみるしかありません。

もしローン残高と売値を比べてみて、ローン残が大きい場合には、不足分を他からの借入れを利用して補う必要があります。

 

どうしても不足分を確保できない場合には、キャッシングなどを利用して、翌月に手に入るお金で返済されるのも賢明な方法だと言われています。

 

ちなみに、家を売るには、あちこちから見積もりを集めてみないと最高値ならいくらで売れるか?が分かりません。

 

でも、ここなら最高値で売ってくれる業者と査定額が分かります。

    ↓   ↓   ↓

不動産屋以外にも投資家や買い取り業社も見積り対象になっています!

  • 見積りはメールで届きます
  • しつこい営業電話もありません

 

正しい売値さえしっておけば、購入希望者が足元を見て値引きを要求してきても、自信をもって断ることができるようになります。

また、買い手に対して、最高値の見積もりを見せることで、正しい価値を教えることもできます。

 

そういった方法で高く売り、賃貸マンションなどに引っ越しをすることで、子供の教育費をしっかりと貯金しておくことが可能になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ