家が差し押さえになる前に売却して現金化したい!

家を差し押さえされる前に、売却して現金化するには、並大抵の不動産屋では対処できません。

 

いくら近所の不動産屋に数多く売却依頼をしても、普通は半年くらいはかかると思います。

 

私も仕事の関係で、家の売却を何度もしてきましたが、半年以上が多かったです・・・

でも、安心して下さい!

 

今は一括見積りサービスがあるので、最速・最高値で売れる可能性が高くなるんです!

 

膨大な数の業社に声をかけられれば、たまたまあなたの家を欲しがってくれるお客さんと出会える確立も桁違いに高くなります。

そこで人気があるのが、一度の入力だけであなたの家に合った業者と最高値を教えてくれるものです!

 

その辺の不動産に自分で声をかけるよりも、ずっと思い通りに売却できやすいんです♪

      ↓    ↓    ↓

不動産屋以外にも買い取り業者も含まれているので高く売れやすい!

 

家の差し押さえだけは何がなんでも避けてください!

差し押さえになるものは、家や車、その他の資産性のあるものならなんでも対象になります。

 

でも、いずれの場合にも、差し押さえられれば、相場価格よりもはるかに安く処分されてしまいます。

差し押さえられたものは競売にかけられるのが一般的で、それを安く仕入れて儲けをだそうと転売業者が狙っているからなんです。

 

特に、家の場合には、価格が高いだけに参入してくる人が少なく、沢山の入札が入る場合もあれば、たった1人しか入札せずに、相場の半額以下などで落札されるリスクもあるんです。

 

ちなみに、落札価格が差し押さえられた人に戻るお金になるので、どうせなら、できるだけ高く落札してもらわないと困りますよね。

でも、家の競売の場合には、入札のスタート価格が相場の3割程度から始まるというルールがあります。

 

厳密に言えば、「固定資産税の評価額の3分の1」が目安とされていますが、だいたい売値の3分の1と似ています。

 

なので、普通に売却すれば1500万円の現金が手に入り、そのお金を使って借金の返済などに使えることになりますが、競売にかけられれば、最悪の場合、たった500万円程しか手に入らないことになります。

 

これって、1000万円を捨てたことと同じです。

 

しかも、もしその家にローンが残っている場合には、当然、ローンの支払いはこれからも続きます。

 

家が差し押さえの心配があるとうことは、住宅ローンが払えないか、もしくは他の借金などの担保になっているか、状況は異なると思いますが、いずれにしても、競売にかかれば大損しかない・・・というイメージをお持ちください。

 

それを防ぐためには、早く高く売ってくれる業社を見つけるしかありません。

 

私の体験上ですが、数ある一括見積りサービスのなかでも、上記で紹介しました100社分も見積りの対象になる最大のところを使う以外に、スピード解決してくれるところは無いと思います。

 

例え無料でも、実名で利用するのが不安だという場合には、匿名でも利用ができます。

 

もし迷っていたら、匿名でもいいので、すぐに試してみてくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ