家の家相が悪いので早く売って買い替えしたい

家の家相が悪いために、とりあえず早く売却をして別の家に買い替えしたい!

 

そんな場合、まず最初に調べないといけないのは、どこが家を高く売ってくれるか?です。

 

実は、不動産屋によってはつける売値がまるで違うので、なるべく沢山に声をかけて、最高値ならいくらになるか?それはどこの業社か?これらを知ることはとても重要なんです。

 

でも、自分で沢山の不動産屋を巡り、家の情報を伝えて回るだけでも大変な作業になります。

なかには、家の全部屋を実際に見ないと、おおまかな売値さえも出せないという融通の効かない業社もいます。

 

それに、その場で金額が出ずに「来週の◯曜日に見積りを持参します」なんて事も多いので、時間もとられます。

 

でも大丈夫です!

ネットの見積サービスなら「最高値で売ってくれるところ」と「価格」がすぐに分かります!

      ↓   ↓   ↓

家を最高値で売却してくれる業者と査定額が分かります

 

  • 大手企業が厳選した業者しか登録されていない
  • 登録されている業者数は900~1200社もある
  • 自力で不動産屋巡りをするよりも効率よく高値で売却できる
  • 査定結果はメールで届く
  • しつこい営業電話がかかってこない

 

どうして売値が業社によって違ってくるのか?

値付けをする人が、売る自信がある場合には高い値段になり、反対に売る自信がない場合には安売りされがちです。

自分がつけた値段なので、売却依頼をされた時に困らないように現実的な値段を付けるからです。

 

でも、ちょうどあなたの売ろうとしている家を欲しがってくれる人を抱えている業社さんに出会えれば、簡単に高く売れます!

 

そのためには、なるべく数多くの業社に声をかけるしかないので、やっぱり見積りサービスを使う以外に良い方法はありません。

 

また、見積りサービスを使ってみると、近所の不動産屋に比べて売値がはるかに高いところも出てくる事があります。

これは、見積りサービスが声をかける相手には不動産屋以外も含まれていることも理由の一つなんです。

 

例えば声をかける相手には転売業社や不動産投資家がいます。

転売業社や不動産投資家が相場より高く買ってくれやすい理由

転売業社と不動産投資家には実は共通点があります。

 

彼らは、安くリフォームをすることができるという共通点なんです!

 

転売業社なら自社にリフォーム部門を抱えていることが多いので、材料費も人件費も外注するよりも安く工事ができます。

 

不動産投資家の場合には、賃貸用物件に退去が出る度に、リフォームを業社に内装リフォーム(壁紙やフローリング、水周り工事)を依頼している事も多く、そんな方はリフォーム費用も普通の人が頼むよりはるかに安くなりがちです。

 

なので、明らかに修繕が必要とされる売家でも、安くリフォームをすれば高値で転売できたり、高い家賃で賃貸できる自信があれば、古びた物件でも高く買ってくれやすいんです。

 

こんな相手に出会うためには、ネットの見積りサービスを使うしかありません。

近頃は家相の悪い家を気にしない人は多いそうです

トイレの場所や風呂場や台所などの場所、それに玄関がどこにあるか?

 

これらは家相においては重要なポイントとされていますが、今どきは中古住宅を購入しようとする人のなかには、気にしない人が多いそうです。

 

特に若い世代の人達は、家相そのものを知らない人も多いとか。

それよりも、洗濯機や冷風扇を置けるスペースに余裕があるか?だったり、車が何台置けるか?など、もっと現実的なところを見ています。

 

なので、もしあなたが家を売る理由が「家相」だったとしても、それはあえて説明する必要はありません。

売却の理由には、何か他の無難な理由をつけるのが賢明だと思います。

 

それに、もしかすると、今の家がたまたまあなたに合っていないだけかもしれません。

 

もし現在、怪我や病気、仕事のトラブルが続いている方などは、すぐに見積りサービスの力で、早く高く売却を実現してみてください。

きっと満足していただけると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ