家の買い替えに必要なお金

家の買い替えに必要なお金は、不動産屋に払う手数料が最も大きく、売値が400万円を超える場合には計算式は同じで「売値の3%」と「6万円」の合計額となります。

3000万で売れたなら、96万円というわけです。(売れてから払えばいいので事前にお金を用意する必要はありません。)

ただし、買い替えにで何よりも重要なのは手放す家をどれだけ高く売れるか?なんです。

高く売れば買い替えの出費を減らせます

少しでも高く売るためには、不動産屋さんに声をかけるだけでは今の時代にはとても高くなんて売れません。

そこで、当サイトの別ページで、私や周囲の不動産投資家さんなども利用している高く売るためのコツを紹介しています

家を高く売る方法

上記ページを参考にしていただいて、100万も200万も家を高く売ってもらえればとても嬉しいです♪

買い換える家の値段はベース価格?それとも本当の仕上がり価格?

買い替えに必要なお金は不動産屋さんへの手数料がだいたいわかっていれば、後は登記費用などしれているので気にすることはありません。

それに、上記の方法で高く売れたとしても、買い替える家が予定外に高くなれば大変です。そこで次に大切なのが買い換える家の本当の仕上がり価格を把握しているかどうか?です。

地方だと、土地込みで一戸建てが3000万もあれば駐車場が2台分ついた立派な家を購入できます。もちろん、新築です。でもあまり安い戸建ての場合見た目には分からない、「断熱材」が薄かったり、材質が長持ちしない物を平気で使っているので、長い目でみれば大損になることも多いからです。

激安価格のハウスメーカーとかCMバンバンやってますよね・・実は、安さを前面に出してウリにしている一部のハウスメーカーって当然ながら採算が取れるように材料をケチってます。

私も経験がありますが、実際に打ち合わせを始めるようになると、その最安値の価格は実は、ベースモデルの値段ということを説明されるんです。

車で例えるならカタログには18インチホイールがついてるのに、一番安いモデルを選ぶと16インチホイールになる・・・とか、最上位グレードを選ばないとナビがオプションになるとかそんなイメージです。

家に話を戻しますと、「より良い断熱材を入れましょう~」と品質を普通の物に上げるように提案してきます。そして、外壁などは最初は見た目に安っぽいものを使っててそれを、普通のオシャレなものを提案してきます。当然、見栄えが違うのでそっちを選びます。(でも、これでも普通レベルの物なんです)

結局、なんだかんだと、普通のものに組換えるとごく一般的な価格の家に仕上がるので安くないんです。もちろん、企業努力しているところもあるので、全部ではないと思いますが、このくらい思っておいた方が無難です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ