家やマンションを売るのに複数社の不動産屋に頼んでもいい?

 

 

家やマンションを売るには、複数社の不動産屋に声をかけて売却依頼をするのが理想的です。

今の時代、そうする人としない人とでは売値に100万円以上の差が出ることは珍しくありません。

 

不動産は扱う業者によってまるでつける売値が違ってくるからなんです♪

 

でも、もし自分が不動産屋だったとすると、あちこちに依頼されるというのは、なんだか信用されていない気がしちゃいますよね。

そこで気がひけて1社にすぐに絞って任せてしまう人が多いんだそうです。

気兼ねなく沢山の業者に依頼ができる方法があります!

それがネットから利用ができる無料の見積もりサービスなんです。

以下の過去記事で紹介しています

→ 家やマンションに合った業者と査定価格が分かる

 

この見積もりと近所の不動産屋の見積もりを比較するとその凄さが分かりやすいと思います。

 

最初に簡単な情報を一度だけ入力さえすれば、簡単に最高値の見積もり額とその業者を教えてくれるんです。

 

自分で10社も20社も訪問することは現実的じゃありませんし、ましてや100社なんて自分で訪問するなんて絶対に無理ですよね。

でも、見積もりサービスなら簡単に数十社や100社のなかから、あなたの売り家にぴったりな業者をピックアップして、6社分の見積もりをメールで教えてくれたりするんです。

 

一昔前みたいに、休日を利用して不動産屋に行ったり、営業マンにも合う必要もありません。

自力であちこちに売却依頼しても99%が無駄に終わる

結局はどこか1社が持ってきてくれた話で売却は決まるので、例え自分で100社を訪問して売却依頼をしたとしても、99社は無駄に終わることになります。

 

あちこちの不動産屋に売却依頼するとなると各社に同じ説明を何度もすることになり、本当に疲れてしまいます。

それに、いくらキッチリと説明をして時間を費やしても、そこが売却してくれる保証なんてありません。

 

今は見積もりサービスがあるのにそんなふうに何社も自分で声をかけるなんて無駄な労力を使う必要はありませんが、平成15年くらいまではこんな便利なものがなかったので、私もクタクタになりながら不動産屋を毎日訪問してた苦い思い出があります。

 

ちなみに、私は7社目で断念しました・・・

不動産屋との契約は一般媒介契約がオススメ!

不動産屋との契約には3つのパターンがあります。

  • 一般媒介契約(オススメ)
  • 専任媒介契約(その業者にしか依頼できない)
  • 専属専任媒介契約(「専任媒介契約」以上に制約だらけ!)

 

早い話、一般媒介契約以外の契約は不動産屋が儲けやすくなるための契約で、売り主には何もメリットがありません。

 

一般媒介契約なら、自分が知り合いなどに売る場合なども自由に売買が行えますが、「専属」がつくとややこしくなります。

下手をしたら、自分が見つけた買い手なのに、不動産屋に仲介手数料を払わないといけないという理解し難いことも起こりえるんです。

 

特に「専属専任媒介契約」で得をするのは私の体験上では不動産屋だけだと思っています。

 

ちなみに、こんな不動産屋寄りの契約内容が存在する理由は、時間もお金も損をしたくないという事情が背景にあるみたいです。

 

業者としては、さんざんお客さんに振り回されたあげくに、他所の業者に売却を決められてしまうとそれまでの仕事がすべて水の泡になるからです。分からないでもありませんが・・・。

 

売却の手数料は400万円以上の物件の場合には3%+6万円なので、仮に2000万円の売却なら66万円になります。

自分の知り合いに売却をしても、不動産屋に66万円払わないといけないって意味が分かりませんよね・・・。

(専任媒介なら手数料は必要になりませんが、専属専任媒介契約なら払わないといけないんです!)

 

昔はここまで制約に応じて依頼をすれば不動産屋が本気で動いてくれたという時代があったんですが、今は不動産屋もあり余るほどの数があるのでそこまでしなくてもどこも手数料報酬が欲しいので本気で動いてくれます。

 

ただし、一括見積もりサービスを利用しないと、どこが高く売ってくれる業者なのかは分かりません。

    • 接客対応が良いからと言って、そこが高く売ってくれるとは限りません。
    • 大手業者だからと言って、どんな家でも簡単に売れるとは限りまえん。
    • 不動産屋や営業マンにはそれぞれ自分の得意な物件があるので、それがあなたの家とマッチしないとスムーズには売れません。
    • 印象が気に入った不動産屋と高く売ってくれる腕のよい不動産屋には関連がありません。

 

とにかく不動産屋はどこがどんな良いお客さんを抱えているかが不透明でわからないものです。

 

今日は良いお客さんを抱えていないくても、明日にはあなたの売り家やマンションを欲しがってくれる人が店にやってくるかもしれません。

でも、見積もりサービスであちこちに依頼をかけておくと、あとから「あの物件まだ残ってます?」という声がかかる可能性だってありえます。

 

不動産の売買はご縁が左右することも大きいので、沢山の種を広く撒いておくこともチャンスをものにするためには不可欠ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ