家を売って市営住宅か県営住宅に入居したい

家を売って市営住宅か県営住宅に入居するにはまずは知っておかないといけないことがあります。

それは、現金・貯金・不動産などをある程度持っていると入居審査に通らないということです。

こんな人は市営県営住宅に入れない可能性が大

  • 入居先の家賃の約100倍の預貯金がある人(自治体により差はあります)
  • 家や土地など不動産を持っている人

→ 家を売れば最高値ならいくらになるか?ネット査定ならすぐ分かります

まず預貯金ですが、仮に月4万円のところに入るなら400万円ということになりますが、これは自治体によって基準が違うので希望するエリアの役所で確認をしてみてください。

次に、不動産を持っている人ですが、これは土地でも家でも両方でも該当するようです。親が住んでいた古い家などを相続した都合で保有している方のなかには親戚などに譲る方もいるそうです。

いずれの場合も、入居審査を受ける時の話なので、入居後に預貯金が増えたり、親から不動産を相続した場合には退去にはならないと言われています。

 

市営と県営のどちらを希望するか?

これは将来に介護を受ける必要が出た時に大きな影響を及ぼします。

また、申し込みをするにあたり多くの条件をクリアしなければいけないんです。以下にて市営や県営住宅を希望される方が絶対に知っておくべきことをまとめてみました。

市営住宅と県営住宅のどちらを選ぶべきか知ってますか?

入居をした後の生活はどちらも大差はありません。だから何も気にせずに立地を優先したり建物の新しい方を希望される方も多いそうです。

実は市営と県営には選ぶ基準がちゃんとあるんです!もし、将来に介護サービスを利用する予定があったり、すでにどなたかが介護サービスを受けられている場合には「市営住宅」を選ぶのがオススメなんです。

 

なぜなら、介護サービスを扱っているのは県ではなくて市だからです。

介護サービスと入居先のそれぞれの相談先が別だと何かと不便なことも多いんですが、どちらも市で統一できるのなら話は早いんです。

 

それに、市の担当者同士でスムーズに話が進めば何かと優遇をしてもらえる可能性もあるかもしれません。

市営住宅や県営住宅に入るためには事前に家を売るべき

事前に家を売るべきと書きましたが、そもそもこういったところに入居をするには、不動産屋のように財産を持っていると申し込みをする条件に該当しません。

 

また、貯金額も一定額があれば申し込み条件に該当しなくなります。

(金額はそれぞれの県や市で異なります。)

 

そこで入居できた方について調べてみると、どうやら家を売ったお金のほとんどを借金の返済に回したり住宅ローンの返済にまわして現預金が手元にほとんど残らなかった人が多いようです。

 

ある程度のお金がある人は生活に困っていないという判断をされるので入居が難しくなります。

一方で住宅ローンや借金返済で苦しまれている方には県営や市営の住宅に入ることは生活の基盤を整える意味でもとてもありがたい制度となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ