家を売るとき査定は何社くらい回るのがいい?

家を売るとき、少しでも高く売るには査定は何社くらい回るのがいいんでしょうか?

 

実は、多く回れば回るほど高く売れる相手と出会える確率が高まるので、5社や10社などで終えててはダメで、100社を目標にするのがオススメです。

 

実は私、不動産投資をしているので、頻繁に持ち家を売却することがあるんですが、多い時は100社から家の売値について見積もりをもらいます。そして、その中の最高値の業者に、売却依頼をしているんです。

 

最高値の見積もりをくれるところは、すでに見込み客を持っている事が多いので、わりとすぐに売ってもらえることが多いです。

見積もりサービスを使えば100社を回る手間は不要です!

不動産の見積もりサービスなら複数社の見積もりをネットを利用して集めることができます。

 

自分で何社も訪問する手間が省ける以外にも、事前に「しつこい勧誘をする業者」や「悪徳業者」などは、審査をクリアしたところしか登録されていないので、安心だったりもします。

 

それに、複数から見積もりがもらえるので、高値も見つかりやすいんです。

 

そこで今、全国の不動産投資家の仲間や私も利用しているものに、厳選された複数社分の見積もりがメールで気軽にもらえるところがあるんです。

    ↓         ↓          ↓

高値売却できる業者と査定額がすぐ分かる!

 

※利用されている人のほとんどは一般の方なので安心して利用してみてください。

一般の人が利用しているものを不動産売却の機会が多い私達も利用しているんです。

 

売却してもらうのに強いところを探すには、一般の人の家も、不動産投資家が持っている賃貸用の家もやることは同じなんです。

 

なお、ここなら見積もりをもらえる相手は不動産だけでなく、転売業者や不動産投資家も含まれています。

だから例えば、自力で不動産屋さんを100社回る人がいたとしても、ここでラクした方がそれ以上の高値が出やすいので無駄な苦労になるんです。

 

不動産の売値は、依頼する業社が変われば100万や200万も違うことはよくあることですが、後に「もっと高く売れる可能性があった」と気がついても手遅れです。

 

ちなみに、どこの不動産屋も、売値の計算にはベースとなる計算式があるので、まずはそれに当てはめますが、最後は「自分が売ることができる値段」に価格調整をするので、売値がまったくバラつきが出てくるんです。

 

だから、高く売る自信がある業社にも声をかけられるサービスは強いんです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ