家を売るには

家を売るには、最初にやるべきことと、やってはいけないことがあります。

 

まず最初にやるべきことですが、これは、家の正しい売値を売り主さんが自分で把握しておくことです。

 

そうでないと、値付けのセンスのない不動産屋さんや、悪徳業者に引っかかって200万円や300万円なんてすぐ大損させられます。

家の正しい売値を知るのはカンタンです


あなたの家の正しい売値を知るのはカンタンで、ネットの無料サービスを利用すればOKです。

匿名で利用できて人気です→ 家を見せなくても大まかな査定額がすぐにもらえます

 

ネットの無料査定にはいろいろありますが、ここなら匿名で利用ができて安心で、そのうえ優良業者だけを相手にして複数業者から家の査定をもらうことができます。

 

複数の業者から査定がもらえるので、それを見比べることでカンタンに最高値を見つけることができ、その最高値こそが正しい売値だということになるんです。

 

ここで最高値の売値が分かれば、それよりも安い査定を出してくる業者には売却依頼しない方が良いということがわかるので、安値で売ろうとする業者などに引っかかる心配がなくなるんです。

 

家を売るにはローン残にも注意が必要です

ローンが残ってる場合には、あといくら残っているかを把握しておく必要があります。

残高を知るには、ローンを利用しているところ(銀行等)に声をかければすぐに残高を教えてくれます。

 

ただし、ここで注意が必要なのが、ローン会社から「当社に家の売却を任せてもらえませんか?」という提案です。

いくら提案をされても、そこが高く売ってくれるとは限りません。

 

なので、先程の紹介のように、先に査定を集めてみて、最高値の査定額を知っておくことで、ローン会社が売ってくれようとする金額が、安くて大損させられそうかどうかを客観的にチェックできるんです。

こちらの参考にどうぞ→ ローン途中の家を売る方法

 

ローン会社などによっては、あなたの家を相場よりもはるかに安い値段で買い取ったあとに、たっぷりと利益を沢山のせて転売しようとするケースもあるので要注意ですよ。

 

家を売るにはやってはいけないことがあります

最初にお伝えしました、無料サービスで査定を集めて売却依頼先を決めることさえすれば、他は気に心配がほとんどありません。

 

つまり、やってはいけないことと言うのは、いきなり1社や2社程度の不動産屋さんに出向いて、そこのつける売値を真に受けて、すぐに売却依頼をしてしまうことに尽きます。

 

これをやってしまうと、本当は何百万円も高く売れていたかもしれないということを、一生気が付けないままになります。

 

本来、不動産屋さんは、扱う売り家の値段が高ければ高いほど、もらえる手数料も増えるので、安売りなんてしないだろうと思われるかもしれません。

 

でも、売る力のない不動産屋さんというのは、1年で家を1戸も売れないところもあるくらい厳しい世界でして、そんな場合には、安売りしてでも、目先の手数料を欲しがる業者も少なからず存在しているんです。

 

そんないい加減な不動産屋さんからすれば”自分の家の適正な売値を知らない売り主”ほど都合の良い存在はいません。(いわゆるカモ的な存在です。)

 

仮に、適正な売値が1,580万円の中古住宅の場合でも、雨漏りした形跡や家のデザインを理由にして「せいぜい1,280万円くらいでないと売れませんね」なんて適当な事を言ってくるケースもあります。

 

でも、事前に無料サービスで優良業者から5社ほどの査定をもらっていれば、1,280円を提示してきた時点で「あ、ここはダメだ!」と即断することができます。

まとめ

  • 家を売るには自分で適正な売値を知っておくこと
  • 適正な売値を知ったうえで不動産屋さんを選べば安心
  • ローンが残っていても売れる
  • ローン利用先に残高を聞く前に適切な売値は知っておくこと

基本的には、不動産屋さんも、ローンの利用先も、銀行も、あなたの家を売る際には安い値段をつけててっとり早く売ろうとしている可能性は否定できません。

 

家を売るには、自分の身(損得)は自分で守るのが基本ですから、とにかく最初は、無料サービスを利用して家の査定を複数業者から貰って目を通すことが欠かせません。

→ ここなら業者への断りを代行してくれるので私も愛用してます

サブコンテンツ

このページの先頭へ