家を売るタイミング

家を売るタイミングって実はあんまり関係がないんです。

ただし、できるだけ早く売ることが何よりも大切だと言われています!

 

売却をする際には、「平成◯年◯月◯日建築」と表示されます。

もちろん、購入する人もこの日付をもとに何年何ヶ月経ってるかを

気にすることも多いですが、それだけじゃないんです!

 

もっと大事な理由があるんです!

 

それが、次に購入される方が利用するローンの審査なんです。

ローン審査には建物の築年数が大きく影響します。

もし、次の買い手にどんなに気に入ってもらっても

その方が希望する年数でローンが組めない場合には

他にいくらでも売り物件はあるので、無理をしてまで

あなたの家を購入してくれる事はありえないんです。

 

また、不動産屋さんも、簡単に審査が通るような家の方が

無難に売りやすいので、築年数が少ない方を好むんです。

なので、「数ヶ月だけ売るのが遅くなるだけ」と思われても

実際には、想像以上に条件が厳しくなってきます。

 

しかも、家はすぐに売れるとは限りません!

検討するだけでも数ヶ月かける人もいますし

銀行審査も1ヶ月かかることもあります。

 

しかも、沢山の家から選んでいるので、あなたの家を

検討している間に、もっと良い家が出てくる事もあります。

家をすぐに売る方法があります

通常、売りに出してから1年や2年かかることも多いんですが

それは、不動産に売却を依頼した場合の話です。

 

今の時代は、大手企業などの買い取り業者が

売りたい家の値段をネットですぐに提示してくれます。

おおよその金額ならすぐに分かります!

 

個人が買う場合と違って、買い取り業者は資金が潤沢です。

ローンが通るかどうか心配も要りませんし、契約の途中で

「やっぱり買えなくなりました」なんて心配もないんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ