家を売るメリットとは

家を売るメリットは沢山あります。そう言い切れるのは私自身がファイナンシャルプランナーだからいろいろ知っているためです。

 

家を売ろうかどうしようかと迷われている方にとって、参考にしていただけるようなメリットを以下にて紹介してみました。

家を売るメリットの具体例

家を売るメリットは、何と言っても維持費を払い続ける負担から開放されることです。

こう言うと「賃貸も同じでは?」と思われるかもしれませんが、賃貸は家賃の支払いこそありますが、税金の支払いもなければ保険の支払い、それに修繕費の支払いもありません。

 

また、持ち家を維持されている方が家を売る際に気がつくことの最たるものに、「建物価値が想像以上に値下がる」ということがあります。

例えば、20年前に、土地2,000万円、建物2,000万円で、合計4,000万円の家を購入していたとします。そして20年後の今、家を売ろうとした時には、すでに建物の価値はほとんど消滅していてほぼ0円です。

 

つまり、土地の2,000万円しか価値がないとされるんです。

これを知っていれば、もっと早くに家を売っておくんだった・・・という話を、私は今までたくさん聞いてきました。

 

なので、もしも今、家を売ろうかどうしようか?と迷っていたら、すぐにでも売ってしまったほうが得策と言えます。

ちなみに、売らずに貸すという方法もありますが、せっかく家賃が入っても、そこから修繕や保険や税金は家主が払わないといけないので、思ったほど家賃は残らないものです。

 

仮に、家賃収入を狙うなら、数多くの戸建てを所有し、しかも購入する際には、中古物件を激安で仕入れることが成功の絶対条件です。なので、ご自身の家を1軒貸すだけなら、出費やクレームが割に合わないんですよ。

災害時にも賃貸ならすぐに動けるけど持ち家は動けません

ここ10年ほど日本は災害が非常に多くなっている印象がありますが、そんな場合、賃貸物件に住んでいれば、すぐにでも違う場所に生活の拠点を動かすことができます。

ところが、家を所収している場合、そこに住めなくなったとしても、税金やローンやいつまでも降り掛かってきます。これは近年、特に注目されつつある、家を売るメリットと言えます。

 

実際に私の知り合いの家が倒壊した経験がありますが、その家のローンは今でも払っているそうです。

また、そのままだと売るに売れないため、取り壊しをして更地にしたそうですが、その費用も無駄にかかって大変だったと聞きます。

 

今の時代、いつどこに大災害がやってくるかわかりませんから、家を持っている人は売ってしまい、身軽になるのがやはりベストな選択と言えそうです。

家を売ると現金化しておけるメリットもあります

家を売ると、当然ですがまとまった現金に変えておけます。今後、親の介護や自分の老後、もしくはお子さんの将来のためを考えると、まとまった現金が手元にあるということはとても心強いものです。

 

なかには、現金が必要になってから家を売れば良いとお考えの方もいるかもしれませんが、急いで売ると高く売れづらくなります。

例えば、不動産屋さんに「早く現金がいるんです」と話してしまえば、相場より安い売値で売られてしまい大損しかねません。

 

また、いくら早く売れたとしても、まともな売値で売るなら3ヶ月以上はかかるのが普通です。なかには1年くらいはかかるケースもあります。

それに、買い手がみつかったとしても、その人がローン審査に落ちてしまったり、途中でドタキャンされることも家を売る業界では珍しいことではありません。

 

なので、少しでも時間に余裕があるうちに、そして、まだ築年数が1年でも早いうちに売ってしまうことが少しでも多くのお金を手元に残しやすくなるので、メリットしかないなんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ