家を売る時 購入元に売ると安くなりがち

家を売る時、もしかすると購入元に売ろうとされる方も多いかもしれません。

でも、それはちょっと待ってほしいんです。私の体験上だと多くの場合で相場よりも安い価格を提示される事が多かったんです。

 

少しでも高く売ろうとされる方は複数の不動産屋さんに声をかけてどこが最高値を付けてくれるかを見てから選ばないと高値を逃すどころか安く売られてしまっても気づけない怖さがありますよ。

 

不動産屋さんによっては、売却依頼をされている家のタイプや場所が売るのに得意なタイプか苦手なタイプかなどいろいろあります。なので、いきなり1社だけの不動産屋さんに売却依頼するとこれが分からないのでとても危険です。

 

また、もしも購入元とつながりある不動産屋さんなら、きっとそこよりも高い売値は立場上から提示できないと思います。

それを知らずに購入元や繋がりのある不動産屋にそのまま売却依頼してしまうと、本当の相場よりも簡単に200万円も300万円も安く売られてしまうリスクがあります。

 

こんなふうに大損をしないためには、不動産の一括見積もりを利用するしかありません。

一括見積もりサービスはネット経由で複数の業者の見積りを無料であつめられ最高値の売値と依頼できる業者が分かるんです。

 

一括見積もりで人気のサービスです→ あなたの家に合った業者と最高値の査定額が分かります

 

ここで最高値をつけてくれた業社こそが、最も高く売る自信があるという意味になります。

また、近所の業社などどうしても売却依頼をしたいところがある場合にも、この見積もり価格と比較をすれば、そこがつけた売値が本当に適正かどうかがすぐに分かります。

 

もし、見積もり価格よりも200万も300万も安ければ、そこはあなたの家を売る事が苦手か、もしくは、適正価格で売るだけの力が無いという意味になります。

ローン途中の家でも購入元に売る必要はありません

もし、まだローンを払っている途中だったとしても、売却先はどこでも自由に売れます。その際に、売却依頼する不動産屋さんも、もちろん自由に選べます。

ただし、ローンは一括返済をしないと売ることができません。とは言え、払い終わってから売らなくても、売却額で完済できるのであれば大丈夫です。

 

(例えば)

ローンの残りが1300万円の家を売る時、売却額が1300万円以上なら、売却が可能です。

もしも、売却額が1000万で、ローン残高が300万残る時は、他から借入れをしたり、貯金を崩したりで、不足分を用意できれば問題ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ