家を売る準備って何からするべき?

家を売るには無駄なく効果の高い準備をしないと高値では売れません。

 

下手をすれば高値どころか値下げをしても何年も売れないかもしれませんよ!

売る際の正しい準備って何をすればいいの?

但し準備として抑えないといけないことが3つあります。

  1. 売却を頼む相手を選ぶ
  2. 売値を決める
  3. 売れるように家に手を入れる

それぞれについて以下で詳しく紹介してみたいと思います。

 

1,売却を頼む相手を選ぶ

多くの人は家を売るとなれば「不動産屋」に任せる事を想像すると思います。

実はそれ、半分合ってますが半分は間違いです。

 

家を買ってもらえる相手には実は「買取業者」なども対象になるからです。

 

だから不動産屋と合わせて不動産の買取業者にも声をかけることが大切で、それぞれから「売値がいくらになるか?」の見積りを出してもらえばどこがあなたの家を高く売れる業者か(または最高値で買取りしてくれる業者か)が簡単に分かります。

 

あくまで複数社から集めた見積りをもとに売却依頼する相手(または買取業者)を選べば最も高く売ることができます。

間違っても何となくで1社だけを選んで売却依頼するようなことはしないでくださいね。

 

もしそれが相手にバレてしまうと、相手が買取業者の場合には間違いなく安い値段を提示されて激安で買われてしまいます。

また、相手が不動産屋だったとしても手っ取り早く安値で売却して目先の手数料を手にいれようと適当な扱いをされて悲惨な目にあいますよ。

 

2,売値を決める

2つ目に抑えるポイントは「正しい売値を設定する」ことです。

この「正しい」には「なるべく高値」という意味が込められています。

 

(こちらも参考にどうぞ→ 家の売値を決める)

 

いくらあなたの家の相場が世間一般には2000万円だったとしても実際に売れる値段が1200万円ならこっちの方が絶対に良いですよね。

 

そこで、そんな正しい売値を決めるには「業者がつける値段を比較する」しかありません。

業者は間取りや価格帯、構造や立地などによって得意・不得意があります。

 

なので、なるべく複数の業者から売値がいくらになるか?の見積りをもらい、それを見比べてみることで本当の相場額だったり最高値ならいくらで売れそうか?が一瞬で分かるんです。

 

これは先程の「1」で紹介した「売却を頼む相手を選ぶ」と同じことをすれば一緒に分かるので楽勝です!

 

1と2を簡単にすませてしまうには

→ どちらもまとめて解決できる見積りサービスがこちらです

 

3,売れるように家に手を入れる

あとはいよいよ内覧に来てくれた人に家を気に入ってもらい、売買契約まで進むのを待つだけ!

 

もしかして、そう思ってませんか?

実はここで気を抜いて欲しくないんです。

 

実は、売り家の内覧に来た人がおもわず幻滅して買いたいという気持ちが失せてしまうことがあるからです。

その代表的なものが「掃除抜かり」です。

 

こちらも参考にどうぞ

→ 家を売るには掃除が欠かせません

→ チャイムをカラーモニターホン化して売値も内覧数も上げた

→ エアコンの排水パイプから室内にムカデ・クモ・シロアリが入るのを防ぐ

 

 

大抵の売り主さんは最初に掃除をしたっきりで油断をしてしまいます。

 

ところが例え人が住んでいない空き家状態の家でもホコリは積りますし、ゴキブリやコバエやクモなど、どこからともなく入り込んでその死骸が転がっていることがよくあります。

 

そんなものを見た内覧者はどう思うでしょう?

特に女性が見た場合には「早くこの家を出たい!!」と思い、二度と内覧には戻らないと思います。

つまり・・・、売れるチャンスを逃したことになります。

 

私は家を売ってもらったことも数多くありますし、日頃は戸建てやアパートなどを貸している大家業もしているために内覧者のための掃除がいかに重要かを身をもって知っています。

 

売り主さんからどうってことないホコリや虫の死骸が与える悪印象は計り知れないものがあります。

私の周囲で最も売却経験が多く、なおかつ賃貸物件の保有数も多いやり手の不動産オーナーさんは、内覧の前には必ず不動産屋さんから電話をもらい、前日のうちに床掃除などをやり直すそうです。

 

1000万円や2000万円、もしくはもっと高額な中古の家を売るためなら、手間こそかかりますがマネをされてみる価値は十分あると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ