家を売る際に値引き要求を避けたいなら

家を売る際に値引きを要求されるケースが増えています。これは書籍やネット上に「賢く中古住宅を買う方法」みたいな指南記事が増えているからです・・・。

 

でも、家は売りたいけど値引き要求なんてストレスは受けたくないという方には、それなりの上手な売り方があるんです。

値引き要求されずに家を売るには

値引き要求をされずに家を売るには、売り主さん自身が「売値の適正価格」を把握していることに尽きます。

 

私も過去に沢山の家を売ってきて、数多くの値引き要求をされた経験がありますが、自分が売値に自信がないと、「これはちょっと高いです」などとつけ入る隙を与えてしまうことにつながるんです。

 

しかも、早く売ってしまいたいと思ってる不動産屋さんに売却を依頼してしまってる場合には、「値引きした方が良いかもしれません」などと適当な理由をつけられる原因になります。

 

でも、大丈夫です!

事前に複数の不動産屋さんから売値の査定をもらっておけば、相場額は簡単に把握できるので誰の意見にもブレずにいられます。

 

「この売値から値引きはしません」と、最初から不動産屋にも断言しておくことができるわけです。

そして、不動産屋さんの担当者に「値引きは断ってください」と言っておけば、煩わしい値引き交渉なんてあなたの耳には入ることはなくなります。

→ 複数の優良な不動産業者から査定を簡単に集められます

 

値引き要求をはねつけることで中古の家は売れやすくなることも

中古の家を売る際に、値引き要求に応えれば売れやすくなると思いがちですが、実は、強気な態度を見せることは売り家を魅力的に見せる効果にも繋がります。

 

値引きをしてまで売ろうとするということは、お金に困ってたり、家の処分に困ってるからだと見透かされがちで、そんな場合「値引きしてくれないなら別の家にします」などと、駆け引きをされやすくなります。

 

でも「この売り家は値引きには応じません」と強気な態度でのぞめば、購入者は不思議と「どうしても買いたい」という心理に拍車がかかるものなんです。

もちろん、値付けが適正でないと意味はありませんので、売り出しの前にしっかりと複数業者のつける売値は把握しておくことは必須です。

自分の売り家の値段が安いか適正か高いか断言できる人はほぼ皆無

多くの売り主さんは、家の売値は不動産屋さんにおまかせして値付けしている事がほとんどなので、仮に売値が2500万円だとしたら、それが多少安い値段かなのか、もしくは、ちょっと強気な値段なのかはまず知ることはありません。

 

だから、複数の購入希望者から値引き要求を求められたら「もしかして売値が高すぎるかな」と不安になり、結果、しなくても良い値引きを100万円や200万円もして大損してしまう人が後を立たないんです。

 

過去に周囲で家を売ってきた大家さん仲間を見ても、売り主さん自信が自信を持って適正価格をつけている場合には、自然と、売り主さん有利な条件で家が売れているケースが多いと感じています。

 

不動産屋さんの担当者は売ってなんぼの仕事なので、なかには、売れやすいようにあえて安い売値をつけようとするケースもあります。そんな場合でも、ちゃんと自分で売値の相場を分かっていれば「もう少し高い売値をつけてください」と希望することができます。

 

「この売り主さんは適正価格を知ってる!」と営業マンに思わせることもできるので、結果、適度なプレッシャーを与えることになり、書類作成や営業での凡ミスなどもされにくくスムーズな売却にも繋がりますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ