家を売る際に壁紙を貼り替えるなら何色がベストか?

家を売る際に、古くなってしまった壁紙を貼り替える事もあると思います。

 

そんな時、何色がベストか気になりせんか?

 

今はレオパ◯スなどの賃貸向けのCMでも、壁紙を選べるとかって言っているので、それが印象に残っている方も多いと思います。

 

答えは、真っ白です♪IMG_5956

違う色を期待された方、ごめんなさい!

 

実は、真っ白の壁紙にはいろんなメリットがあるんです。

  • 部屋が少しでも明るく見える
  • 本来の広さよりもさらに広く感じさせることができる
  • 清潔感が一番高い色
  • 新品に張り替えた事が伝わりやすい
  • 壁紙の料金が安い

 

ちなみに、デメリットもあります

  • 他の売り家と印象が同じで差別化ができない
  • ありきたりなイメージ
  • 汚れが目立ちやすい

 

両方を比較しても、やっぱりメリットの方が大きいです!

 

最近は、リビングの壁を1面だけ茶色や黒にするのがデザイナー住宅っぽい感じでオシャレだとされていますが、売家を見に来る人は、そんな事は期待していません。

 

それよりも、新品感がでている綺麗な色の方が、中古住宅を買う時には気になるそうです。

白い壁紙の家を売る時は注意が必要!

白い壁紙を使っている家がほとんどだと思いますので、皆さんに注意していただきたい事は、貼替えた後の「汚れ」です。

 

特に、空き家にした状態で売り出している場合には、できれば定期的に部屋のチェックをオススメします。

 

実は、空き家にもゴキブリやクモが出るんですが、これらがたまに壁紙に汚れを付けます。

分かる人が見たら、ゴキブリのフンが付着した壁紙は一目瞭然です!

 

そんなの見たら・・・買う気が失せちゃいます。。。

 

もちろん、コンバットみたいなゴキブリ用の置き薬も必須アイテムですが、それでも油断はできません。

 

私自身、不動産投資をしている関係で、何度も家を売却してもらいましたが、内覧の連絡が事前にあってもなくても、定期的に掃除には向かいました。

 

(※業社さんによっては、売主に期待をさせないように、連絡なしでお客さんを内覧させて、前向きに話が進んでから連絡をくれることがあるんです。 なので、いつ内覧が来てるかは、案外分からないものなんです。)

 

そんな時にあれば便利なのが、以下の3点になります。

ミニ脚立

ウエットティッシュ

IMG_5952

ゴミ袋

 

これさえあれば、安心して床・壁・天井も大抵は掃除できます。

 

後は、芳香剤を設置されている方は予備も持って行かれた方がいいですね♪

IMG_5955

 

私は、一戸建ての場合、あちこち分散して5個くらいは置くようにしています。

5個買っても1500円くらいなので、これでも家が売れる後押しはしてくれるので、コストパフォーマンスは最高ですよ。

 

(最後に)

白い壁紙だと、気を使う面もありますが、最も無難で、費用も安く、新品感を出せるのでオススです。

白い壁紙にも少しクリーム系の色が付いたものなどがあるので、真っ白な純白を選んでみてください♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ