家を売るCMが増えきたらあなたの家のライバルも増えます!

家を売るCMが増えてきていませんか?

毎年、秋頃から翌年の春頃まで家やマンションを売る人が増えるからです!

 

春になれば人事異動で転勤になる人も増えますし、新生活を始めるひとも増えるからです。

また、相続で手にいれた不動産を売却しようす人や、春になり気持ちが活発となるために、なんとなく家を売ろう決意をされる方が増えるからだそうです。

家を売るCMが増えるとライバルも増える

不動産屋が力を入れるようになるということは、それだけ売りたいお客さんが増えるとうことになるので、当然、あなたが家を売りたいと思っている場合にはライバルが激増します。

ライバルは何も近くに存在する物件とは限らないのがやっかいなんです。

 

中古の家を探す人は、間取りが希望通りのものや、や購入額が予算内であればなにも特定のエリアでは探さないんです。

(もちろん、エリアだけは譲れない・・・という人もいますが、多いのは間取りと金額になるようです)

 

また、注意しないといけないのは、CMを流している業者だからと言って、そこがあなたの物件を売ってもらうのに最適なところかどうかは分からないってことです。

 

なぜなら、不動産屋はすべてのお客さんの情報をもっているわけじゃないので、大きな不動産屋でも小さな不動産屋でも、それぞれに独自のお客さんを抱えているものなんです。

また、1社だけに売却依頼をした場合、あなたの物件の情報は他社には流してもらえない可能性だってあるんです。

 

仲介依頼時の契約によっては、レインズと呼ばれる指定情報機関に依頼されあた物件を登録しないといけないという義務があるんですが、案外、これを守っていないところもあるそうです。

もし、ちゃんとそこに登録をしてもらっていれば、依頼をしていない他社の営業マンにも気がついてもらえ、思わぬところから買い手を紹介してもらえる可能性があります。

でも、そうなれば、最初にあなたから依頼された業者の報酬は、お客さんを紹介してくれた他の業者と折半になるので、美味しい情報は自社で抱え込んでどこにも出さないという背景があるんです。

 

そういった理由からも、いまどき1社や2社ほどの限られた数の業者に依頼をするくらいではまとに売れるとは思えません。

実際に私も、過去に1〜2社の不動産屋に売却依頼をした経験がありますが、数ヶ月間、なにも反応がなくて困った経験があります。

その後に10社ほどの不動産屋に声をかけたところ、あっという間に売却が決まったんです。

しかも、その際に言われたのが「もっと早くうちに声をかけてくれればあと1割高く買ってくれる人が何人にいたのにね!」でした。

これには愕然としました。。。

 

でも、一般の方が自分で沢山の不動産屋を巡り、売却依頼することは難しいと思います。

そんな悩みを解決してくれるものとして、ネットで簡単に買い手を探してくれる無料サービスがあるんです。

 

一括見積もりサービスと呼ばれるもので、複数社あります。

でも、集めて比較できる見積もり数は各社バラバラです。

それに、登録されている業者も超大手がメインのところもあれば、マイナーなところが多いものもあります。

 

本当は人気がある見積もりサービスを複数社使い、その結果から最高値の見積もりのところに売却依頼をするのがベストなんですが、そこまででいない!って方は・・・

→ 私が再優先で利用している見積りサービスを参考になさってください。

 

ページの最初に「家を売るコツ」について書いていますが、ここまでお読みいただいた方はコツについては読み飛ばしてもらって大丈夫です♪

 

CMが多く流れてライバルだらけの状況でも、これなら高く早く売却に成功してもらえると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ