少しでも高く家を売るためにはアピールが大切

私自身、不動産投資をしている関係上、家を売って買い替える事もよくあります。

また、全国にも不動産投資・大家をしている友達が沢山いるので、売却の裏事情もいろいろと知っています。

 

そんな経験上、家を少しでも高く売るには、こまめに掃除をしたり、目につくところの塗装ハゲなどは自分でペンキを塗るだけでも、売値を上げられることも体験済です。

でも、誰でもはそんなことをするのは難しいと思います。

特に、遠方にある家などは、地元の不動産屋さんなどに売却を依頼している場合には、顔を合わせる事も難しいですよね。

そこで、絶対にオススメしたいのが、売家のアピールポイントを紙に書いたり、メッセージカードに書いて物件内に貼り付けておくことです!

不動産屋さんはアピールポイントを知りません

よほど懇意の不動産屋でも無い限り、親身になって家の良い点を探して内見客にアピールはしてくれません。

それに、他人の家なので、詳しく知るはずもないんです。

 

ですので、「夏は思ったよりも涼しいです」とか「冬はここの部屋は夜しか暖房がいらないくらい暖かいです」、それに「昼間は賑やかですが、夜は静かです」など、住人しか知らないアピール点も沢山あるはずです。

また、新しくリフォームした箇所などは、そのアピールは絶対にした方がいいです!

不動産屋さんは、他の人の物件も同時に沢山扱っているので、とても頭の中には情報は残っていません。

また、他の家と勘違いしている事も多々あります。これは仕方ないことです。

 

ですので、紹介してくれる不動産さんのためにも、アピールポイントは売主が張り紙などで紹介するのが効果的なんです。

 

不動産屋の営業マンさんは売ってなんぼの成果報酬で給料が出ます。

ですので、あなたが売却依頼している不動産がいくらで売れるかも大事ではありますが、どちらかと言うと、安くてもいいから早く売れる方が好ましいんです。

1年後に高く売れて月給が3万増えるよりも、今月の給料が1万円増える方が嬉しいんです。

(私ももともとはサラリーマンで営業してたので、この気持、すごく分かります。)

 上記のような事ができなくても大丈夫です

手書きでアピールポイントを書いて張り紙をしたり、親の家を売る場合など、住んだ事がないので家の良いポイントを知らない人でも、簡単に高く売る事ができる方法があります!

こちらを参考にしてください→ 家を高く売る方法

これは実際に私も利用している方法で、高く、早く売れやすいんです。

最近は、張り紙などの手間をかけずにこの方法で高く売っています♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ