岐阜で家や土地をできるだけ高値で売るには

岐阜で家や土地を売るには注意が必要で、何も考えずに近所の不動産屋などに声をかけてしまうと、相場よりも遥かに安く売られてしまい、何百万円も損をしてしまう恐れがあります。

その理由は不動産屋さんの数が全国平均の数よりも少ないためで、競争が少ないとどうしても高く売れる腕のよい営業マンが育ちにくいんです。

そんな岐阜でも家を高く売れる方法があるんです

岐阜で家や土地をどこよりも高く売ってもらえる不動産屋をみつけるには、なるべく数多くの不動産屋に声をかけて、あなたの家に最高の査定額をつけてくれるところに依頼すればいいだけなんです。

→ 以前に紹介しました愛知県の方法が岐阜でも通用しています

ここの見積りサービスならメールで業者名と売値が届くから忙しい方でも安心ですよ。

※多治見を中心に活動をしている大家仲間も私と同じで上記のものは欠かさず利用しているそうです。

 

※家の売値で最高値のところをみつけるために大切なのは、地元の不動産屋と合せて全国展開をしているような大手の業者にも声をかけ、小規模と大規模の両方の業者がつける売値を比較することです。

これを自分でやろうとすると大変ですが、ネットの査定サービスなら簡単にできるんです。

どうして岐阜にある同じ物件なのに査定額に差が出るの?

最高値をつけてくれる業者というのは「あなたの家とマッチしている業者」ということになります。マッチしているということは、建物の構造だったり、立地だったりが条件に合うという意味です。

つまり、あなたの建物に惚れてくれるお客さんに売ることができれば、値段では決めないので高値で売ることができやすいという意味になるんです。

それ以外の安値をつける業者や相場並の値段をつける業者というのは惚れるどころか「ミスマッチ」と言えます。

例えば、平屋を欲しがるお客を抱えていないところに平屋の売却依頼をすればどうしてもできる自信がないので安い売値しかつけられませんよね。理由はなんであれミスマッチのところがまともな値段で売れるはずはないんです。

岐阜に戻りたい人やその場所でないとダメな人はいるはずです

そんな岐阜にあるあなたの家に惚れてくれる人の特徴は「どうしてもその場所でないと困る」という立地優先の人が多くなります。

過去に私が聞いた話ですと、多治見で生まれ育った方が定年後に都内から岐阜に戻りたいという希望で家を探されていましたが、その際に、他の物件よりも割高で、しかも間取りもいまいちだった家を相場よりも高く買ってくれたという話があります。

その購入者がわざわざ高値で購入した理由は「どうせ岐阜に戻るなら生まれ育った多治見が良い」と思ったこと、それに、ちょうどその付近に親が入居している介護施設があったことが理由でした。

家の売値を高いと感じるか、それとも安いと感じるかは人によって異なりますが、それを決めるのは築年数や土地値ではなくて、本人の思い入れがどれだけあるか?なんです。

もちろん、そんな購入者はどこの不動産屋さんにいるか分かりません、でも複数の不動産屋に声をかけることができれば、見つかる確率はぐっと高まります。

それを簡単にしてくれるのがネットの不動産査定サービスになるんです。
→ 上記の査定の記事まで戻る

(上記のサービスの対象となっているのは以下のエリアとなります)

岐阜市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,大垣市,海津市,関市,美濃市,美濃加茂市,可児市,郡上市,多治見市,中津川市,瑞浪市,恵那市,土岐市,高山市,飛騨市,下呂市

大野郡,羽島郡,揖斐郡,可児郡,養老郡,不破郡,安八郡,加茂郡,本巣郡

サブコンテンツ

このページの先頭へ