持ち家の着工が52年ぶりの低水準 中古の家を売るなら今!

持ち家の着工が52年ぶりの低水準とニュースで言われていました。

これが意味するのは、「中古の家を売るなら今が最高のタイミング」ということです!

 

でも、どこの不動産屋でも頼めば売れるわけじゃないんです。

売りたい家営業マン相性の良さなども大切で、これが売値だったり売れるまでの期間に影響をするんです。

 

相性が良ければ、どこに頼んでも「1000万でしか売れない」と言われた家が1300万などで売れる事も珍しい話ではないんです。

そんな優秀な不動産屋さんが → この一括見積りサービスでみつかります

 

その中の最高値の業社こそが高く売る自信がある業社ですので、そこに売却依頼をされればそれだけで、そのへんの不動産屋さんに売却依頼するよりもはるかに高く売れると思います。

 

もし、すでに売却依頼先を決めている方も、できればこれを利用して家の正しい価値を調べておいてほしんです。

売却額が300万も400万も上がるとすれば、さすがに依頼先から他に変えた方がいいですよね。

 

50万円くらいなら、知り合いの業社さんなどにそのまま依頼されても良いかもしれませんが、さすがに何百万円も違うとなれば、その安い業社さんの場合、家を売る力が不足しているとしか言えません。

今の時代、見込み客の情報をどれだけ多く持っているかも、不動産屋さんの力のひとつなんです。

インターネットを駆使したり、転売業社さんと繋がっていたり、不動産投資家などとつながりのある不動産屋なら、早く高く売る確立が高いと言われています。

 

昔みたいに、地域密着型で地元だけで頑張っているところでは、もう早く売ることも高く売ることも、到底できない時代なんだそうです。

最近は中古住宅を購入する人が多いんです

仕事柄、いろんな不動産屋さんと話をする機会が多いんですが、数年前に比べると、最近は中古の家を購入する人が増えつつあるそうです。

 

その理由は、消費税の増税による負担が大きくて新築を諦めて、程度の良い中古の戸建てやマンションを購入希望される方が多いからなんだとか。

 

また、一向に景気の回復具合が給料に反映されていないため、住宅ローンの審査に落とされてしまう方も多いという理由もあるそうです。

 

でも、そうだからと言って、そんな中古の家でも簡単に売れるわけじゃないんです。

 どんな中古の家でも売れやすいわけじゃない

ここ最近は、全国どの県にお住まいの方でも、地震への耐久性や災害のリスクを考慮した物件選びをされている方がほとんどだそうです。

家を気に入っていても、水害の心配や土砂崩れの心配がありそうなエリアは数年前よりも避けられている傾向が高いそうです。

(東日本大震災から災害意識が高まっています)

 

なので、よほど安全性の高いエリアや家でない限り、不動産屋さんに売却を依頼しておけば簡単に売れる時代ではなくなっているんです。

 

そうは言っても、売れるか売れないか、最後は不動産屋さんの営業マンの腕やその業社が抱えている顧客のリストの情報量にかかってきます。

 

売れる営業マンは、たとえ耐震診断を受けていない古い家でも、上手に売るテクニックを持っているんです。

また、水害や地震などを気にされない方や、子供の学区を優先されたり、予算に収まればOKという方も沢山いるため、そういったお客さんのリストを持っている不動産屋さんだと、売却価格も高く売れたり、1ヶ月で売れる確立も高まります。

 

予算、災害、通勤、子供の学区などなど、全てで合格点を出せる家は、新築を建てる以外だと難しいことを上手に伝えられる営業マンはとても強いんです。

 

何を優先するか?何を諦めるか?上手に選択をさせて、あなたの家に導いてくれる優秀な不動産屋さんが、きっと上記の見積もりを集めるなかで出会えると思いますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ