接道義務を満たせない家土地を売る方法

接道義務を満たせない家土地は珍しくありませんが、いざ売るとなれば、そのへんの不動産屋では難しいと思います。

 

過去に私も、不動産投資の関係で、接道義務をギリギリ満たせられない中古の家を売却をする時に苦労した記憶があります。

内見に来てくれる人はいても、いざ「接道義務」の話をすると購入意欲が薄れてしまうんです。

 

そんな時に、全国にいる不動産投資家の仲間から教えてもらったのが、ネットによる一括見積りサービスだったんです。

 

早速利用したところ、予想もしていなかった高値の見積りがみつかり、無事に売却できました。

 

自分で不動産を巡るよりも、ネットを使った方が、楽なうえに早く売れました。

そのサービスをこちらでまとめてみました

       ↓   ↓   ↓
あなたの家の最高値の買い手とその仲介業社を教えてもらえます

 

 

実はこの見積りサービスは、一般のお客さんの他に不動産投資家や転売業社なども見積り対象のお客さんとして抱えているためすぐに売れる確立も高いんです。

 

実は私、接道義務を満たせない物件を初めて売った際、気合を入れて4ヶ月は近所の不動産屋を巡り、売却の依頼しました。

その間、声をかけた不動産さんの全員が「接道義務」の話をすると苦い顔に・・・

 

でも、結局このサービスを使った方が圧倒的に早く解決しました。

 

接道義務が満たせていなくても買い手は見つかります!

例え、売りたい家土地が接道義務を満たせていなくても、それには特例が当てはまることもあります。

 

近隣に広い空き地がある場合や、セットバック(敷地を少し減少させて全面道路に加える)をする場合などは、再建築が可能な場合もあります。

 

それに、不動産業社のなかには、そこを駐車場にして近所の人に転売するケースなどもあります。

もちろん、隣接する家の人に土地を転売することもあります。

 

さらに驚く手法として、そのままの敷地だと再建築が不可能な場合でも、骨組みだけを残して流用し、ほぼ新築の家として建て替える事もできるんです。

実はこれ、再建築不可の家を再建築するためのワザなんだそうです。

 

それぞれの業界には、私達、一般の人が知らないワザがあるので、接道義務が満たせていなくても、なにも不都合なく儲けを出せる業社も存在しているんです。

 

でも、そんな知識や実績のある業社さんが、売り物件の近くにいるとは限りませんよね。

そんな問題も、一括見積りサービスを利用すれば、出会える確立がグッと高まります♪

 

無料で、しかも匿名で使えるので、ひとまず売値がいくらになるか?それだけでも知ってみてはいかがでしょうか?

私の経験上ですが、きっと、近所の不動産さんが提案する売値よりも、高いと思いますよ。

 

それに、売りたい時は、そこにそのまま売却依頼するだけでOKだから、高く早く売れる確立もグッと高まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ