新年早々に家を売るならどうすべきか

新年早々に家を売るなら、他の時期に売る場合より1日でも早くに不動産屋を選ぶことからスタートするべきです。

 

なぜなら、直後の3月~4月は転勤や退職に向けて家を買おうとしている人が多い時期なので、家を売るにはまたとないチャンスだからです。

春に家を買う人は年末年始もずっと探してます

春を目標に中古の家を買おうとうしている人は意外と多いですが、そうした人達は年末年始もひたすら家を探し続けています。

 

それは、なにも仕事の都合だけで家を買うわけではなくて、親の介護のためや、子供の学校のためなど、様々な理由があり、人生の区切りとして春を選ぶ傾向があるからです。

いくら春に家が売れやすくても最後は不動産屋さん次第

春は中古の家が売れやすい傾向こそありますが、いくら売れやすいと言っても最後は不動産屋さん次第です。

 

私も過去に年末から家を売りに出したことが何度かありますが、良いお客を持ってない不動産屋に売却を頼んでしまったらいくら春に向けて年始からチラシをまいてもらっても売れないことが多かったです。

 

また、売れたとしても値引きを求められたりで、良い条件でスムーズに売れた記憶がありません。その時に分かったのは「不動産屋さんが抱えているお客が自分の家に合ってないとダメ」だということでした。

 

実は、不動産屋さんによって抱えているお客の層が違っていることが多く、それは予算や希望の間取りにも大きく影響をしてくるんです。

 

極端に言えば、年収が平均かそれより低い人がお客として多い不動産屋さんか、大手企業勤務の人をお客に抱えている不動産屋さんかによって、求められる家の値段が違ってきます。

 

不動産屋さんが流すCMやホームページのイメージなどによってその会社のブランディングができあがるので、安い物件を扱ってそうか?高級な物件を扱ってそうか?それによって自然と集まるお客さんのタイプが変わるわけです。

 

本当は、そうした不動産屋の抱えているお客さんのタイプと自分の家の価格がマッチしたところに売ってもらうのが高く売るにも早く売るにも理想的なんです。

でも、そんなマッチした不動産屋選びを一般の人が自力で行うのは不可能です。

 

でも大丈夫です。

それを簡単に見つけられるのがネットから使える無料査定サービスなんです。

→ 優良業者だけが登録されててしつこい電話営業とかもないんです

 

ネットの無料査定なら、一度の手間だけで複数の優良な不動産屋さんからまとめて査定をもらうことができるので、正しい売値を知ることができますし、高く売ってくれる業者はどこか?もすぐに分かるんです。

 

「高い査定額をつけてくれる」=「その値段で買ってくれそうなお客を抱えている」ということを私は多くの売却経験から知っているので、家を売る際には必ずネットの査定は使うようにしているんです。

不動産屋さんは年始早々から声がかかるのは嬉しい

以前に、大家仲間で正月休みが明けてからすぐに不動産屋さんに声をかけるのが何だか悪い・・・と思ってる人がいましたが、それはむしろ逆です。

 

不動産屋さんは正月休み明けの朝一番から電話でも来客でも家の売却依頼の相談などが舞い込むことは大歓迎なんです。もちろん、不動産屋さんも「相談=依頼」なんて甘い考えはしてませんから、気軽に声をかけて大丈夫です。

 

むしろ、他の人が新年早々から家の売却依頼を持ち込むので、その流れに遅れてしまうと、最悪の場合、他の家より対応を後回しにされるリスクがあるくらいです。だから少しでも早くに声をかけることが大切なんです。

 

特に、年末年始は親族が集まった際に親が住んでいた家を売るという話も多く出るため、「じゃあ、正月休みが終わったら不動産屋に相談してみるか」という流れが日本中で多くなりますよ。

 

中古の家を買おうとしてくれる人の数は限られています。まして予算や間取りや立地でさらに限定されてきます。でも、今はご存知のように空き家問題などがあり、売りに出てくる土地や家などライバル物件は日増しに増えてきています。

 

そうした背景からも、年始のうちからいち早く売却に向けて動くことは賢明な判断だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ