梅雨入りすると家は売りづらいというのは本当か?

梅雨入りをすると、家はなかなか売りづらくなるという話があります。

これは本当です。

(ただし、これを跳ね返すほど有効な対策も紹介しています)

梅雨入りすると家は売りづらいというのは本当か?

そもそも、売りづらい理由は、物件を見に行こうとする人の足が遠のくからなんです。。。

 

これは、家を探している人についても言えますが、実は不動産屋さんも梅雨時はあまり積極的には動かない事も多いんです。

 

なぜなら、どうせお客さんを案内しても家の中だけしかゆっくり見えないので、梅雨が空けてからゆっくりと庭や屋外を見たいという事になりがちだからです。

 

不動産屋さんは、経験上、こういった事になることを知っているので慌てて梅雨時に売ろうという事はあまりしないようです。

売りづらい時期でも諦めないで!

例え売りづらい時期でも、売れないわけじゃないんです。

 

家を探している人は100人いれば100通りなので、希望似合う物件であれば土砂降りの中でも見学をして、すぐに購入をしてくれる人も当然います!

 

そんなチャンスを絶対に逃さないようにするために、大切なポイントが2つあります。

  1. 自分の家の本当の価値を知っておくこと
  2. 販売力のある不動産屋を利用すること

まずは、家の本当の価値を知らないままに売っている人が多いということです。

 

仮に1社の不動産屋さんがつけてくれ値段だと、その値段が本当の相場価格なのかどうか分かりません。

 

もし相場よりも100万も200万も安ければ、それだけのお金をドブに捨てるのも同然です。

でも、こういうケースって本当に多いんですよ。

 

つぎに、家を売るには腕の良い不動産屋さんを利用しないとだめなんです。

 

腕が良い不動産屋とは、その売りたい家を高く売る自信のある不動産屋とも言い換えられます。

実は、そんな腕の良い不動産屋を探すには、一般の方がご自身で見つけることはそうとう難しいそうなんです。

 

その理由は、日頃、売買よりも賃貸を主にしてる業社でも、売買の依頼はとても儲けが大きい仕事なので、簡単に引き受けてしまうんです。

そうなれば、当然、売買経験が乏しいために、簡単には売れなくて、1年以上もまともに見学者さえも連れて来れないケースもあるんです。

梅雨でも家を高く早く売るための方法です

家の本当の価値をすぐに知ることができ、しかも、腕の良い不動産屋を簡単にみつけられて、売却の依頼も頼める便利な無料サービスがあります。

 

それが、あなたの売り家と腕の良い不動産屋さんを繋げてくれるマッチングサイトなんです。

こちらで3社を紹介してみました→ 家の売値を無料査定してくれるものがこちら

 

こういったものを利用すれば、大手企業の審査に通っている信頼できて、腕も良い業社に売却依頼できるので、高く早く売ることも十分に可能になってくるんです。

 

不動産屋以外にも投資家や買い取り業社なども含まれているので、高値を逃しません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ