毎年ムカデが出る家 売って引っ越ししたい

毎年ムカデが出る家 売って引っ越ししたい

毎年ムカデが出る家を売って引っ越ししたいと思っている人も多いと思います。私の妻の実家がまさにこれでした。。。

 

最初は同じ場所に家を建て替えして、新築なら大丈夫だと思ってました。でも、害虫駆除業社から話を聞くと、新築の家でも容赦なくムカデは侵入してくるとか・・・

そこで、築20年が経っていた事もあり、そこで建て替えをするよりも、土地ごと売却して、もっと環境の良いところで新築の家を建てようということになり、家・土地を売る決心をしたんです。

 

でも、ローンの残りを繰り上げ返済することが売却の条件となったため、「高く売れるなら買い替えをしよう」という流れになりました。

過去記事を参考にどうぞ → ローン中の家を売る話 

 

そこで私が不動産投資の関係で、もともと利用していた一括見積もりサイトを利用して、まずは家・土地の売値の見積もりをもらいました。

ここはスマホやPCから利用ができ、登録されている約1200社以上もの業者から厳選された複数社分の見積り結果をメールを教えてもらえるんです。

 

→ その時使った見積もりサービスがこちらです

(最高値とその業者名を知れます)

 

結果、やはり近所の不動産屋さんに出してもらった売値よりも高かったです!

もちろん、その中の最高値の見積もりをくれた業社に売却を依頼しました。

 

家を売り出してから売れるまでにかかった期間

見積もりのをもらってから、10日後には正式に売却依頼をしました。

 

正式依頼したのがGW明けのことでしたが、確か、お盆明けにほぼ見積もりに近い値段で無事に売れました。

だいたい3ヶ月ほどでスムーズに話が進んだことになります!

 

ちなみに、購入された方は家の周囲の畑も購入したり借りたそうで、畑を利用することで、ムカデなんかは今では出てないみたいです。

(最近お会いした時に、特に会話にも出ませんでしたので。)

 

ムカデが沢山出た家は山からは遠い場所でした

売却した家は平野部にあったんですが、周囲に畑が多く、草だらけの荒れた畑が増えてきたこともあってか、3月から10月まで、年間で8ヶ月間もの間、ムカデが家の中に出る暮らしをしました。

 

10年ほど前までは、年に1匹とかしか出なかったのが、土地環境が変わったことで激増したそうです。

 

もともと、ムカデ用の粉薬などを家のまわりに撒いてましたが、雨がふるたびに流れてしまい、そんな時に限って雨を避けるために家に侵入してくるそうで、きりがなかったそうです。

 

バルサンもあまり効果がなくて、家にいるのには効き目があっても、日々侵入してくるものにはバリアー効果は発揮できてなかったとか。

家を売る時にムカデのことは言わなくても大丈夫

気になるのは、家を売る時に、害虫についての報告を不動産屋さんに言わないといけない・・・ってことですが、これはシロアリなどを指します。

 

なので、周囲の畑から侵入してくるムカデについては、とくに義務らしいものはないそうです。

(年間で何十匹も出るなら話は別ですが・・・)

 

また、田舎などではムカデなんて出るのがわりと当たり前にとられるので、家の瑕疵にはならない程度の話みたいです。

 

よほど、家の外壁に隙間があったり、排水パイプの構造不備などで害虫が入ってくるような様子があれば、それはちゃんと伝えないといけませんが、網戸の隙間などから入ってくるような自然なことは、言わなくても大丈夫なんです。

 

ムカデの出ない暮らし

以前には夏に妻の実家に行っても、子供も小さいこともあり、ムカデが怖くて泊まれませんでした。

 

脱いだ服をソファーに置いてても、それが床に落ちてただけで、大変でした。

ムカデが入ってないか、服を払いながら確認しないと怖くて袖を通せませんでしたw

 

妻の両親は、ムカデ用の蚊帳のなかでしかねれない生活・・・

室内に出た日は、疲れてぐったりしてました。

 

それが今や、新しい別の家では、畳の部屋で横になって昼寝したり、靴を履く時になにも気にせずすぐに履けるという、当たり前だけど今までなかった快適な生活をしているようです。

 

もちろん、子供を何日預けても安心です。

それに、以前は駆除のために撒いてたムカデ避けの粉薬もないので、人が吸い込むこともなくて、健康面での安心感も相当違うみたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ