浮気が原因で家を売るなら

浮気が原因で家を売るには、まず家の名義が誰か?それとローンが残ってるかどうか?そしていくらで売れるか?この3つを確認しないと話が始まりません。

 

この3つの中でも最も重要なのが「いくらで売れるか?」になります。

その理由は、ローンの残高より売値が低くなる場合には、家を売ることができないからです。

ローン中の方はこちらの過去記事も参考にどうぞ

→ ローンが残ってる家を売る方法

 

(あなたが旦那さんでも奥さんでも参考になります)

→ 旦那に内緒で家の売値を知りたい

 

家の正しい売値を知る方法

家の売値はわりと簡単に知ることができます。それはネットの一括査定さえ利用すれば大丈夫です。

→ 家の名義人でもそうじゃない人でも利用できます

 

これでもらえた見積もり額の最高値の金額とローンの残高を比較して、ローンを一括返済できるなら家はすぐに売る準備に入れます。

もちろん、家の売値がローン残高を下回っても、預貯金を使ったり、銀行で不足分だけのローンを組んでお金を借りるようにすれば家を売ることは可能です。

売り家の名義が自分じゃない時には

もしも売り家の名義が自分じゃない時は、不動産屋さんに正式な売却依頼の手続きをする際に、旦那さんが同意の上で手続きをするか、もしくは認めてくれてるけど手続きに不参加の場合には委任状が必要となります。

 

家の名義人が寝たきりなどで不動産屋に来れず、家族が代わりに家を売るケースはいくらでもあるので、本人さえ同意してくれていれば名義が誰であろうと家を売ることは可能です。

 

そのようなことも、不動産屋さんなら熟知しているので困ることはありません。

家を売る業者選びを間違えると何百万円も大損します

家を売るのがはじめての方なら、近所の不動産屋さんや家を購入した時にお世話になった不動産屋さんに声をかけると思いまうが、それだと何百万円も安売りされる恐れがあるんです。

 

と言うのは、不動産屋さんが抱えているお客さんはいつも入れ替わっていて、その時々であなたの家を欲しがってくれるお客さんがいるかどうかも違ってきます。

なので、「◯◯不動産に頼めば高値で早く売れる」なんてことは不動産売却の世界ではありえません。

家を早く高く売るにはぴったりなお客に売るしかない

家を早く売ったり高く売ってもらうには、ちょうどぴったりなお客さんを抱えている不動産屋に頼むしか道はありません。

(ぴったり=無理してでも買いたいと思ってくれるお客さん)

 

そんなぴったりなお客さんを抱えている不動産屋さんを見つけるには、複数社から見積もり査定をもらえば金額で簡単に分かります。

集まった見積もりで最高値の業者こそが、ぴったりなお客さんを抱えているという意味になるからです。

家を売る理由が浮気だなんて誰にもバレたくない時は

家を売る理由が浮気だなんて誰にもバレたくない時こそ、ネットの一括査定サービスを利用して複数社から査定をもらうべきです。

 

一括査定なら、匿名でも利用ができますし、実名の場合でも家を見せずに査定をもらうことができるので、家に来てもらう面倒がありません。つまり、不動産屋さんが誰も家に来ないので近所の人にも家庭のトラブルを感づかれる心配がないんです。

 

なお、査定をもらい、いざ売ると腹を決めた場合には、選んだ1社にだけ声をかけて家を見てもらい、正式な売値をつけてもらうことになります。

 

この時も、離婚するとか、浮気だとか、余計なことは不動産屋さんに言う必要はありませんが、「近所の人には知られずに売りたい」という希望をすれば「売家」の看板を付けずに売却してもらえるなど配慮をしてもらえます。

 

実は「売家」という看板がついていない売り出し中の家は沢山あるんです。なので、別に珍しい希望でもないので気軽に頼んでみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ