海外転勤が決まったから急いで家を売りたい

海外転勤になる日までに家を売りたい場合、地元の不動産屋さんに「ごく普通」に売却依頼をしてても間に合いません。

 

すぐに買ってくれるお客さんを抱えている不動産屋でなければ、1ヶ月や2ヶ月などでは売れないんです。

そんな不動産屋に出会うためには、とにかく沢山の業社に声をかけることです!

 

でも、複数の不動産屋に声をかけると、1社づつ長時間の説明が必要で現実的じゃありません。

 

そこで、大急ぎの方に絶大な人気を得ているものが不動産の一括見積りサービスです。
   ↓   ↓   ↓
家を最高値で売却してくれる業者と査定額が分かります

 

見積り対象に不動産の買い取り業者も含まれているから早く売れやすいんです♪

 

 

海外転勤までに売れないとよけいに売れなくなる!

不動産は高額なうえに、権利関係の確認や手続きも複雑です。

 

そういった特徴からも、海外転勤までに売れてしまわないと不動産屋の営業マンとしても連絡などのやりとりが難しくなるので、一気にやる気を失うみたいです。

(ただし、上記のように、100社も声をかけられれば、ガッツのある営業マンに出会える率は高まります。)

 

ただでさえ、不動産売買は確認事が多い契約なうえに、立ち会いも必要だったり、書類に捺印が1つ抜けているだけでも契約が進まなくなります。

 

だからこそ、まだ売却希望をされる不動産の登記簿上の名義人やローンの名義人が国内にいる間に売却を終えてしまうのが理想的なんです。

 

海外転勤の前は仕事の引き継ぎも忙しいですし、じっくりと家を売ることに時間は使えないそうですが、上記の無料サービスを利用すれば、担当者が不動産屋とのやりとりも代わりにしてくれます。

 

100社もの見積をもらうだけでも大変ですし(他社などは6社ほどが限界)、その中から最高値を選ぶだけでも大変です。

 

それを上記のサービスなら、代わりに全て作業してくれるので、本当にラクで早いんです。

 

当然、100社も相手に金額を出してもらえるので、個人がどれだけ頑張るよりも、高値が見つかる確立はグッと高まります。

 

海外へ出てしまう前に、高く早く売るには、これを利用しないのはチャンスをみすみす捨てているようなものだと思います。

購入希望者が出てもローン審査で時間がかかる

大抵の場合、あなたが売却される不動産を次に購入してくれる人はローンを利用します。

 

特にサラリーマンの方が購入してくれる場合はローン利用者がほぼ全員です。

 

ところが、この審査に通らない方も近年は増えているそうで、契約寸前で話が流れる事も珍しくないとか・・・

 

でも、そんな場合でも、一括見積りサービスなどで膨大な見積りを得られている場合には、次の候補者に声をかければいいだけなので、沢山の保険をかけているようなものなんです。

 

もし、家の近所の不動産屋さんにだけ売却依頼してる場合には、一度話が流れてしまえば、次に売れるのは半年後か1年後になるかもしれません。

 

ところが、いくらでも売却候補がいれば、その日のうちにでも別の人に売却できるかもしれないんです。

あまり知られていないメリットなんですが、これって、相当すごいことなんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ