計画外の妊娠をしてしまい家を売ろうと思う

計画外の妊娠をしてしまったために、子供が増えることが確定!

 

それはそれで嬉しいことだけど、今後の生活を考えたらとてもこのままローンを払い続けることは無理だと直感で分かることってあると思います。

(うちの兄がまさにその状況で、3人目と4人目が双子だったために家を売却して賃貸に引越しました)

 

ローンを払っている途中でも、もちろん家は売ることはできます。

参考にどうぞ→  ローン途中の家を売る方法

 

一番大損をするのが10年先などにやっぱり売ろうとすることです

家を売る場合、通常は次に買ってくれる人はローンを利用します。

例え一括払いで変えるとしても税金などのことを考えたらローンを使ったほうがお得なのでそうするものです。

 

でも、ローンを利用する場合は大抵の場合、その家土地が担保に指定されるために、ちゃんとした資産価値があるかどうかをローン会社が査定をします。

それに通ることが大事ですし、通る場合にはいくらの担保価値になるか?も大切なポイントです。

 

でも、それ以上に、返済のことを考えると無視できない重要なポイントは「ローンが何年使えるか?」という事です。

ローンを使う際に何年使えるかを決めるものに、減価償却期間というものが基準になります。

 

計算結果に対する捉え方は複雑だし、ローン会社によっても捉え方に差があるので厳密には言えませんが、間違いなく古い家は長期ローンが利用できません。

 

なので、今すぐに家を売るか?それともこのまま頑張って住宅ローン返済を続けて10年後などにどうしても生活が厳しくて売却したくなれば売ろうか?と迷っているなら今すぐに売るのが間違いなくお得です。

 

ただでえ、今の世の中は家余りだと言われています。

それに少子高齢化が進むことで、ますます中古で家を買ってくれるような人が少なくなります。

 

家の見た目や品質が10年後に変わってなかったとしても、ローンを組める年数が短い家は魅力があまりありません。

それに、他の売り家も増えることが予想されているので、今考えている10年後の売値よりもはるかに安く売らないと売れないリスクもあります。

 

だれにも数年後すら先のことは分かりませんが、誰がどう考えても、家を売るなら早く売った方がお得なのは間違いありません。

 

また、今はまだ築数年しか経っていない新しい家かもしれませんが、5年ほどもすれば外壁や屋根の塗装が必要になってくるかもしれません。

まもなく10年を迎える家なら、普通はすぐにでも再塗装をする時期となっています。

 

その辺りのメンテナンス費用を考えても、無理して維持していくことは難しいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ