買い取り業社に家を売りたい

pJwoaY7ozbWZDzZ1464237175_1464237269

買い取り業社に家を売りたいとお考えの方は注意してください!

ヘタすると何百万円も損するかもしれませんよ!

 

一般的に不動産買い取り業社の魅力は”早く売却できてお金が作れるところ”ですが・・・

どこの買い取り業者でも高いとは限らないんです。

(それに、どんな家でも簡単に買ってくれるわけじゃありません・・・)

 

そこで便利なのが以下で紹介している「一括見積もりサービス」を利用し、多くの業社から売値の見積もりをもらい、その中で最高値の業社に売却依頼をする方法です。

→ この一括見積りサービスなら高値を逃がしません!

 

不動産の買い取り業社が必ずしも良いとは言えない理由

ほとんどの不動産の買い取り業社は、お客さんから購入した家を手直しして転売をします。

 

転売をするという事は、最初に購入する費用や、手直しをする費用を多くかければかけるほど、利益が減ります。

 

なので、本音としては、市場に出れば2000万円で売れる中古の家なら、せめて1500万くらいでは仕入れをしたいはずです。

つまり、家を手放す人には1500万しか入りません。

 

もしこれが、ごく普通に不動産屋さんに売却依頼したとすれば、市場相場の2000万では売れることになります。

この場合、家を手放す人には2000万が入ります。

 

単純に、家が500万円も高く売れることになりますよね♪

 

これ以外に大きな違いは、不動産屋に売却依頼すれば、売れた場合に売買手数料が売値の3%+6万円かかります。

これが買い取り業社だと0円になります。

 

でも、上記例のように2000万の家の売買手数料なんて66万円です。

500万-66万=434万円なので、不動産に頼んで市場価格で売れば、434万円も高く売れることになります。

 

不動産の買い取り業社に売る前にしておくこと

人によっては、多少安くなったとしても、早急に家を売却してお金が必要なケースもあると思います。

 

でも、そんな時も、あらかじめ一括見積もりサービスを利用して、市場価格の最高値と、複数社からの提示額を知っておくことは絶対に必要です!

 

そうしないと、買い取り業社の提示額が相場並のすごく良い値段なのか、それともバカにしてるくらいの酷い値段なのかが、まるで判断ができません。

 

事前に自分の家の市場価格を知っていれば、買い取り業社に売るにしても、納得して安心したうえで売ることができます。

 

それに、一括見積もりサービスでもらった見積もり書を買い取り業社に見せれば、買い取り価格を引き上げてもらうための交渉材料にもなります。

先ほどの例のように1500万と2000万のように大きく違う時でも、見積もり書を見せて交渉をすれば、簡単に100万や200万も高く買い取りしてくれる事もあるそうですよ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ