隣近所の人や知り合いに家を高く売る方法

隣近所の人や知り合いに家を売る時って、どうしても高く売るのが難しいと思います。

 

本当なら相場よりも高く売りたいところですが、相手が他人というわけじゃないので、どうしても並の価格か、少し安くしてしまうことも多いとか。

それに、購入してくれる相手が見つかった嬉しさなどもあって、つい安く売ってしまうことがあるそうです。

どんな相手でも高く売る方法があります

例え隣近所の仲良しさんや、お世話になった恩のある知り合いが購入予定者だとしても、なにも気にせずに高く売る方法が一つだけあります。

 

それは、正式な高値の見積書を手にいれることです。

最近は、ネットで簡単な情報を入力するだけで、すぐに家の売値の見積もりが集めれるサービスがあります。

→ 最高値の業者名と価格をメールで分かるのがこちら

 

ここでもらえた最高値の見積り額を購入希望者さんに見せてください。

 

もし仮に、端数を値引きしてあげたとしても、もともとが最高値の価格なので、その程度のサービスをしてあげても、まだまだどこよりも高い値段だと思います。

 

何のために家を売るんですか?

隣近所や知り合いが買ってくれるとしてもやっぱりできるだけ高く売れる方がいいですよね?

もし、知り合いなどが最高値で買ってもらえない場合には、そのまま見積りの最高値の相手に売るのが一番だと思います。

 

私自身、ファイナンシャルプランナーもしているために多くの人のお金の悩みを日頃から耳にします。

 

そんな体験からも、お金はいくらあっても困りませんし、誰しも将来どんなことでお金が必要になるかもわかりません。

なので、せっかく高く売れるチャンスがあるのにそれを逃して知り合いに安く売るのはあまりにももったいなく、将来のリスクにも繋がると思います。

 

ちなみに、あなたの家の売値がその見積額で妥当なのかどうかは、他の人には分かりません。

不動産屋によって、つける値段が違ってくるからなんです。

 

だから、こちらの提示する金額が高いかどうかは確かめようがないんです。

むしろ、それほど不透明な値付けが通用している業界だからこそ、正式な見積書を見せることで安心感を与えらえるメリットもあるんです。

 

見積り書がある以上、他の不動産屋も文句なんて付けようがありません。

それに、知り合いに安く売ってあげたとしてもそのありがたさを分かってもらえないことがほとんどなので、どうせなら最高値の相手に売るほうが絶対にいいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ