離婚するので住宅ローンが残った家を売りたい

離婚するので住宅ローンが残った家を売りたい

離婚をするので、住宅ローンが残っている家を売却して、ローンを済ませてから新しい生活をされる方も多いそうです。

 

riko

特に多い質問が、ローンを払っているのが旦那さんで、奥さんは単なる連帯保証人のケースです。

この場合、いくら離婚をしたからと言って、連帯保証人から外れることはありません。

 

ですので、もしも別れた旦那さんが滞納をしたら、奥さんのほうに請求がきます。

こういった自体が一番心配なケースだと思います!

 

この場合、ローンの残りを貯金などですぐに払えない限りは、ローン中の家を売却して完済するしか打つ手がありません。

 

でも、ローンが残っている間は、そのにはローン会社の抵当権が接待されていますので、勝手に売ることもできません。

 

抵当権が残っているか?それは登記簿の「乙区」を見ればすぐに分かります。

ここにローン会社の名前があれば、その家はローン会社の許可をもらわないと売ることができません。

 

ローン中の家を売る方法については → こちらの記事を参考にどうぞ

 

ちなみに、家の売却理由が離婚の場合には、そこまで正直に言わなくても問題はありません。

むしろ言わない方が売り家のイメージを損なわないですよ。

住宅ローンの滞納が続いてるような状況なら

もしも、ローン返済をされている方が失業や年収のダウンなどでローン返済を滞納している場合、連帯保証人に代わりに請求がきます。

 

おそらく夫婦のもう一方が連帯保証人になっているんじゃないでしょうか。

 

この場合、法律上、黙って代わりに払うか、もしくは借金問題に強い法律事務所に依頼して、任意整理などを利用して速やかに売却を進めてローンを無くすことが大切です。

 

もしも、放置していると、本来払うべき人が自己破産などされてしまったら、ローンの全額が連帯保証人にまわってきます!

 

そうなると、巨額の返済を背負う事になり、おそらく普通の人だと一生を棒にふって返済を続けるか、もしくは自己破産など債務整理をすることになります。

 

そんなことになる前に、本来払うべき人に任意整理などを利用してもらい、すみやかに売却をしてもらってください。

 

また、最初から債務整理を進めなくても、まずは今の売却額がいくらになるかを知ることが大切です。

 

もし、ローン額と同額やほぼ近い額で売れれば、ローン問題は解決するからです。

家を早く高く売るなら一括見積りサービスは欠かせません!

 

これを利用して教えてもらったところに売却するのが、もっとも高く簡単に売れる方法なんです。

 

いずれ離婚をしようと考えている方にも査定は欠かせません

もしまだ離婚をする話が決定をしていなくても、いずれ離婚をする心づもりであれば今のうちに家の価値を知っておくことが大切です。

 

もちろん、いくらで売れるかが分かるだけでは意味がありませんが、見積りサービスならどこの業社に売却を依頼すればいいかも同時に分かるのでいざ売却をすることになった際にはとても話がスムーズに進みます。

 

また、見積りの際の条件として「机上査定」を選んでおけば実際に家を見に来られることもなく、大まかな査定額を教えてもらえるのも心強いです♪

 

家の売値は日が経つごとにどんどん売値が下がってしまうものですから、今の正しい価値を分かっておけば離婚の話を急いだ方が良さそうか?それとももう少し先にしても良いかも参考になると思います。

 

もし、家のローンが沢山残っていて、見積りの結果も思ったほど高くなく、ローンの完済には不足するお金があると分かれば、その不足分を目標にコツコツと貯金を増やしたり、どこからか借りれる先を探しておく準備もできます。

 

備えあれば憂いなしというのは離婚のための下準備でも同じ事が言えそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ