静岡県内で家や土地を売る前に知っておいて欲しい事があります

静岡県内で家や土地を売ろうと思ったら、膨大な数の不動産屋があり、腕の良いところもあれば悪いところも桁違いに多く混在しているので注意をして選ばないきっと大損します。

静岡の場合には東京からも物件を探す人も多いエリアなので上手に不動産屋を選びさえすれば、相場価格よりもずっと高値で売れる可能性を秘めているんです。

じゃあどうやって静岡で一番良い不動産屋を見つけることができるか?

実は、静岡の場合にも神奈川と同じ探し方が最も効率良く高値で売ることがでます。

→ こちらの過去記事で紹介しています

昔なら自分の足で不動産屋をあちこち訪問して探すしかありませんでしたが、今の時代にはそれだとあまりにも効率が悪くて時間の無駄になるだけです。

でも、上記で紹介した神奈川と同じ探し方をすれば、家や土地をいちいち不動産屋に見せることなく、どこに売却を依頼すればいいかが一発で分かるんです。

 

仮に、うっかり腕の悪い業者や自分の利益しか考えてない悪い営業マンに売却依頼してしまうと、相場より何百万円も安く売られてしまったり、もしくは1年経っても2年経っても家や土地が売れない恐れもあるんです。

浜松市で築24年の戸建てを売った知り合いの話

静岡で家を売却した話

これは静岡に住んでいる私の仕事仲間(大家業)が浜松市中区に保有していた戸建てをここ最近で売却した時の話になります。

その知り合いは大家業をしていまして、主に一軒家を利用して賃貸収入を得ています。賃貸をしているとすぐに借り手がつく家やなかなか借り手がつかない家、そして思ったほど家賃が高く貸せなくなった家など時代や周囲の環境によって波があるため、他所のエリアの家と買い替えをするために売却する事が度々あります。

 

今回の浜松市中区の家もそのような理由で、掛川市にもっと貸しやすい家が見つかったので買い替えをしようとしたんだそうです。

まず最初に、近所の数店舗の不動産屋さんに声をかけて、だいたいの値段を知ったうえでネットの見積りサービスを利用し、ホントの最高値はいくらの値段がつくかをリサーチしたそうです。

 

(※これは私も同様にいつも行う方法ですが、PCやスマホが当たり前になってきている今だと、ちょっと不動産の売却に慣れている人なら全国どこでもネットの査定サービスを使わずに売る人はまずいないと思います。それだけ便利で、しかもどこに売却を頼んだらいいかを決めるのにとっても効率が良いんです。)

 

最初に近所の不動産屋で聞いた値段だとせいぜい3000万円が相場だと言われていたそうですが、結果的には見積りサービスで見つかった最高値の業者(全国規模の業者だとか)が3500万円で買ってくれそうな見込み客がいるとかで、他社の相場より300万~500万も高い値段を提示してくれたそうです。

 

かなりラッキーな例ではありますが、この時はそのままその最高値の業者が3450万円で売ってくれたそうです。(100万円の値引を求められたそうですが、その際に「本日中に契約書にサインをしてもらえるなら50万円は値引きOKです」というやり取りをし、結果として3450万円に収まったとか。)

 

昔は本気で高値を狙って浜松で家を売る場合には、浜松以外の不動産屋にも出かけてあちこちの不動産屋から「良いお客さんいませんか?」と聞いてまわったそうですが、ネットの査定サービスが当たり前になってきてからはそんな効率の悪い苦労とは無縁になったそうです。

→ そんな静岡の家や土地を売るのに活用された査定サービスは神奈川の記事で紹介している査定サービスと同じなんです

 

このページの記事で紹介した方法は以下の静岡県内のエリアで効果的です

静岡市・葵区・駿河区・清水区 、浜松市中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区

沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市、賀茂郡、田方郡、駿東郡、榛原郡、周智郡

サブコンテンツ

このページの先頭へ