お金がないから家を売る人というのは家を売る人の割合ではかなり多い方だと感じてます。

それ自体はよくある理由なので何も珍しくはありませんが、不動産屋からしたら「カモにできる!」と思われやすいの注意が必要になります。

このページでは「お金がないから家を売る人」が悪徳業者や強引な営業マンに騙されて安く売ってしまわないためのコツを紹介してみました。

お金がないから家を売る人は不動産屋のカモになりやすい理由

お金がないから家を売る人というのは不動産屋からしたら「安くても早く売りたいはずだ」と思われがちです。

実際、価格よりスピードを優先される方は多いと思います。

不動産屋さんというのは売れなければ手数料収入が1円も手に入らないので、あなたの家が半年後に高く売れるよりも今すぐに安く売れた方が嬉しいものです。(全員がとは言えませんがざっくり言うとそんな感じです。)

ただし、バカ正直に「安くして早く売りませんか?」とは言いません。それらしい理由を言うことが多いです。

例えば

  • 最近は値崩れしてて安くしないと売れませんよ
  • 不況なので以前ほどの価格では買い手がつきません
  • 老朽化が進んでいるのでライバルよりは安くなりがちです
  • 災害マップで見たらリスクがある場所なので安くしないと難しい

などなど、いずれもウソだと断定できない理由なので不動産屋さんにそう言われてしまうと信じるのが普通です。

「相場なら2,000万円ですが今だと1,700万円が限界かなと思います。」なんて言われても、そもそも相場が2,000万円かどうかなんて素人は知らないと思います。

だから騙されたり都合の良いことを言われてもまったく気づかないまま安く売って売買契約も終了となりがちです。

でも大丈夫です。あなたの家の相場を知り高く売るためのコツがあるのでご紹介します。

お金がないから家を売る人が高値で早く売るためのコツ

お金がないから家を売る人が、少しでも高値でスムーズに売るためには「不動産の一括査定」を利用するのがベストです。

不動産の一括査定というのはネット上で複数社から見積もりをまとめてもらえるもので無料で利用できるサービスです。

多くの査定サービスがありますが、サービスごとに提携している不動産屋がことなったり、見積もりをもらうための入力が簡単か面倒かなど違いがあります。

ちなみに、一括見積もりサービスは入力を1回行うだけで5社ほどの不動産屋から売値の査定額をもらえます。

最高値で早く売ってもらうには、もらった査定額のなかで最高値の業者を選べばいいだけなんです。

>> 一括査定をもらうなら大手で人気があるのがこちら

もちろん、査定をもらっても売却以来は絶対にしないといけないわけじゃないので、査定額を見て売る気がなくなった場合などはどこにも売却依頼しなくてもOKなんです。

すごく都合が良い話に思えますが、業者さんも毎回必ず売却依頼されるとは思ってないので全然大丈夫なんですよ。

そういうことは、ネットの査定だけでなく実際の街の不動産屋で査定をもらったときでも、そこに売却を依頼する義務はないので義理に縛られる必要はないんです。

お金がないから家を売る人には家賃収入も検討してほしい

私は中古物件を利用した大家業もしているために賃貸収入の作り方や魅力を熟知しています。

そこであなたに知ってほしいのは、お金がないから家を売るという1つの選択に縛られず、貸してみることも検討する価値はあるということです。

もちろん、すぐに売却してまとまったお金が必要なら貸してる余裕はないと思いますが、もしそこまで切羽詰っていなければ家を貸して家賃収入を得ることは安定した不労所得になるので魅力的です。

ただ、この場合は売却して得られるだろう金額と、家賃収入で得られるだろう金額をこの先5年か10年で比較してどちらがあなたに合っているか検討する必要があります。

10年分の家賃収入の額が対して大きくなければ、今のうちに売ってしまったほうが大きなお金を得られるので状況に応じて売却優先することも大事だと思います。

あと、これは裏技的な話ですが、家賃収入を得られるようになると銀行からの信頼が高まるので数年の家賃収入を得たあとに銀行から融資を受けやすくなります。

それだけ不労所得は労働と違って返済力を高めてくれる性質があるんです。

いずれにしても、一括査定を利用して正しい売却額を知り、そのうえで貸家なら月に何万円を得られるか?を不動産屋さんに相談して教えてもらい、比較したうえでどちらにするか検討する必要があります。