不動産査定 しつこい!簡単な対処方法があります

不動産査定を依頼するとその後がしつこいという話はよく耳にします。

私は不動産投資もしているため、不動産査定を依頼する人(大家仲間)が全国に沢山いるので情報が集まるんです。

 

でも大丈夫です、これから不動産査定を利用しようかと考えている方に、いくら不動産査定を依頼しても「しつこい」目に会わずに済む方法があるのでご紹介します。

 

まずは、不動産査定を依頼するとどうしてしつこい目に合いやすいのかご紹介しますね。

不動産査定を依頼したらしつこい目に会いやすいその理由

査定後にしつこい業者がいる(というか、かなり多い)のには理由があります。

  1. ノルマが厳しい業界だから
  2. 利益が大きいから

営業マンが雇われてるサラリーマンなどであればノルマが厳しいのが理由となり、それ以外は1人もしくは家族で不動産屋をやってる場合には利益の大きさゆえにしつこいのが理由となります。

不動産屋業界のノルマは厳しいから査定後にしつこくなる

不動産屋の世界はノルマが厳しいケースが多く、特に売買を扱う業者の場合には、家の売買契約に漕ぎ着けなければ少ない基本給だけの会社も沢山あります。

 

なので、査定を受けたからには売却依頼は絶対に引き受けたいところです。

売却依頼の契約にまで漕ぎ着けければ、あとはよほどおかしな売値にしない限りはたいていは売れるので「依頼契約=報酬」のようなイメージですね。

 

でも、そんなしつこい業者さんだと、売るのも強引になりがちです。

円満な売買契約がまとまるとは考えづらく、トラブルが起こる可能性も高いので絶対に避けるべきです。

 

不動産売却は利益が大きいから査定後にしつこくなる

不動産屋の売却を仲介すれば、不動産屋さんがもらえる手数用は売値の約3%なので非常に大きいです。

※正確には「(売値の3%)+6万円」となります。

 

2,000万円の家土地の売却仲介ができ、無事に売れれば66万円がもらえるわけです。

しかも、この66万円のうち、不動産屋によっては10~20万円などが成功報酬として月給に上乗せされるところも多いです。

 

少ない基本給に成功報酬が上乗せされ、しかもその金額が大きいとなれば、しつこくなるのも納得できますよね。

しつこい不動産業者に声をかけると塗装やリフォームの営業まで来る

 

不動産査定の際に悪徳業者なんかに声をかけてしまうと「家を直した方が売れやすい」とか「直さないと売れない」など、それらしいことを言って仕事仲間の塗装屋やリフォーム屋に話を回すこともあります。

 

もしそれで塗装屋やリフォーム屋に仕事が入れば、そこから紹介料として数万円がもらえたりするからです。

 

なかには、本当に必要な塗装やリフォームもありますが、悪徳業者にかかれば必要ない塗装やリフォームを「必要」だと思い込まされてしまうので大変なんです。

大手の一括査定サービスならしつこい業者は1社もない

不動産査定には大きく分けて2タイプがあります。1つは昔ながらの不動産屋さんに直接声をかけて査定をしてもらう方法です。

そしてもう1つは「ネットの一括査定」を利用するやり方です。

 

ネットの一括査定を利用すればしつこい業者に出会うことはありません。私のこれまでの経験からも言い切れます。

「ネット査定ならしつこくない」理由ですが、ネット査定のサービスを運営している業者が厳しく審査をしているからです。

 

大きな査定サービスだと登録されている不動産屋さんは1,000社を超えていますが、その1社づつと面談までして登録を認めているところもあるくらです。

私が知っているのはイエウールだけです。直接にイエウールの会社の方から聞いたので間違いありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ