住宅ローンが払えない時に無料相談から利用できる専門家

住宅ローンが払えない時、気軽に相談ができる専門家を利用できれば、一気に解決することもあります。

 

注意してほしいのは、ローンを利用しているところはあまりあてにならないってことです。

なぜなら、お金を貸しているところは、あなたがローン破綻しても、競売にかけて売ってしまえばいいだけだからです!

 

あまりモタモタ対処されるよりも、手っ取り早く競売にかけたほうが、回収も早くできるので都合がよかったりするんです。

 

安心してください! 

解決してもらえる方法があります♪

 

それは、ローン問題に強い法律事務所を利用してプロの力でローン先と交渉してもらう方法です。

これは「債務整理」という方法で、この中にはいろんな対処方法があるんですが、そのなかの任意整理や民事再生を利用すれば、家はそのまま維持したままでローン地獄を軽減してもらえたりするんです。

 

だだし、本当は債務整理をするよりも家を高値売却してローン完済をしてしまう方が、今後の長い人生を考えた場合やご家族の将来を考えるとより良い選択だと思います。

 

債務整理にはメリットばかりではなくデメリットもあります

CMなどでは法律事務所に相談して債務整理さえしてもらえば簡単に解決するという話が多いですが、債務整理はメリットばかりではなくデメリットもあります。

例えば、銀行で住宅ローンを利用していたものを債務整理でローン額を減額してもらったり、自己破産などで全てチャラにしてもらったとします。

 

その場合、今後、家だけでなく車のローンやお子さんの教育資金などあらゆる融資で審査落ちをすることに繋がるんです。

借入をしていた銀行とは異なる銀行に相談をしたとしても、金融事故扱いになっている人の情報は共有されているのでバレます。

 

車が故障したのにローンを使って買い替えができなくなるなんて地方に住んでいる方にとっては致命的ですよね・・・

 

さらに、身内の方が銀行などに就職や転職をする場合にも、あなたが債務整理をしたことが影響しないとは限りません。

 

一般的には「影響しない」とされていますがそれはあくまで建前のはずです。

採用した後に、身内の方との繋がりで職場に取り立ての電話が来ても大変です。

 

ですから、人事担当者はそうしたリスクを避けるためにも採用時には身内の方の債務整理経験など金融事故歴は気にするのが当たり前です。

なるべく債務整理をしない方向で話を進められることをオススメします。

 

債務整理を頼る前に家を高く早く売れる相手を見つけるには

それって実はとってもカンタンなんです!

    ↓   ↓   ↓
家を高値売却してくれる業者と売値が無料で分かります

(家を見せなくてもおおまかな売値を知ることができます)

 

もちろん、法律事務所が信頼できるところを選べば損させられる心配はありませんが、近頃は法律事務所も数が増えすぎていて、思ったほどの経験を積めていないところも多いそうです。

見た目では法律事務所のレベルは分からないので先に見積りサービスを利用しておき、すぐに売れるならこれが高値で売れやすいのでベストです!

 

でも、もし見積りサービスで見つけた業者でもすぐに売ってもらえなさそうな場合には、それから法律事務所に声をかければ大丈夫です。

大切なのは頼る順番です♪

  1. 無料サービスを利用して家の正しい売値を知る
  2. 見積りでサービスの結果を見て高値の業者から順番に「すぐ売ってくれません?」と声をかける
  3. すぐ売ってもらない場合にはそれから法律事務所の無料相談を利用する

この流れになります。

 

もし「2」のパターンで不動産屋さんを利用して思わぬ高値で売れた場合には、残っている住宅ローンを完済できるだけでなく手元に現金が残る可能性もありますよ!

これでダメなら弁護士や司法書士に頼んで債務整理をしてもらうしかありません。

↓   ↓   ↓

弁護士や司法書士が動けば返せない借金(住宅ローン)がなんとかなる理由

個人がいくら借り入れ先と交渉をしても、きっと利息を減らしてもらうことすら難しいと思います。

でも、それを弁護士や司法書士などのなかで住宅ローンに強い人が対処をすれば、案外簡単に解決することも多いんです。

 

その理由は、貸し出し先との駆け引きなどにあります。

例えば、「このまま、利息などを対処してもらえなければ、依頼者は自己破産をするかもしれない」と言うこともあるそうです。

 

当然、銀行やローン会社からすれば、自己破産をされてしまうとややこしいことになるので、できるだけ穏便にはしたいはずです。

しかも、競売に掛けるとしても、間に法律事務所が入ってしまえば、今後のやりとりは法律事務所の先生を相手にしなくてはいけなくなるので、銀行などもすごく嫌がるんです。

 

つまり ♪

自己破産をされて面倒なことになってしまう前に、利息などを考慮してあげてローンをこのまま払ってもらえる方が絶対にいいはずなんです。

そのあたりの駆け引きができるのは、やはり弁護士や司法書士しかいなんです。

 

もし、住宅ローンで借り入れをしている先が、大手の銀行やJAなどのように、全国各地で貸し出しをしているところなら、過去の対処実績も多いので安心です。

もちろん、地方の銀行や信金なら、大手銀行ほどの資金力は当然にないので、より一層対処はスムーズかもしれませんよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ