住宅ローン難民にならないための方法

住宅ローン難民とは、家を競売にかけられてしまい、強制的に家を奪われてしまうことを言います。

 

ローンを組んだ時に比べて、月給やボーナスが減ったり、再就職ができなくて無職のままでローン滞納を続けてしまうなど、競売にかけられるにはいろんな理由があります。

 

実は、ローン会社からすれば、滞納の理由なんてどうでもよかったりするんです。

その理由は、差し押さえて競売にかけてしまえば、通常の返済よりも早いペースで回収ができるからです。

 

自己破産でもされない限りは、競売後に残ったローンもいずれは返済してもらえるので何も困らないんです。

払えなくなれば、とりあえず競売にかけて回収すればいい!という具合です。

 

でも、近頃は競売にかけられても二束三文で売られることも多いので、家を無くした上に、多額の返済が残るという事態になってしまいます。

 

とにかく、ローンが払えないという状況になってしまえば、このまま家を持ち続けることはできませんし、ちゃんと対処をしなければ大損だけをさせられます。

 

でも、競売にかけられる前にこの記事をご覧いただいていればラッキーです!

 

自分の意思で売却をしてまえば、売値も自由に高くつけられるし、売却相手も自由に見つけることができるので、意外な高値で売れることもあるんです。

 

ローン残高よりも高く売ることは現実的じゃありませんが、ローン残高に近い値段で売ることはわりと現実的で十分に可能性があります。

もし、ローン残高に少し足りない金額があれば、それは銀行からの借り入れなどを利用して補うこともできます。

 

ただし、家がいくらで売れそうか?それを証明できる物もなく銀行と話をしても、きっと本気では動いてもれません。

手間がかかるわりに儲けも少ないので乗り気になってくれない可能性もあります。

 

解決する方法があります!

 

あらかじめ、家がいくらで売れるのか、見積もり用紙を手にいれて、持参できれば行員さんも上司の許可をもらうのに手間が省けるのでかなり前向きに話を進めてくれると思います!

 

解決に役立つのが、ネットからの一度の入力で家の売値の見積もりがもらえる一括見積もりサービスなんです。

      ↓   ↓   ↓

物件に合った業者と査定額がわかるので安心して高値売却できます!

 

ここを利用すれば、自分でどれだけ多くの不動産屋さんに声をかけるよりも、はるかに多くの業者に、一発で声かけができます。

 

しかも、このサービスなら事前に厳しい審査に通っている1000社ほどの業者などから複数社分の見積りがもらえます。

売値について最高値の金額と、その業者がどこか?をメールで教えてくれるので、自分で面倒な各社とのやりとりなどをする必要がないんです。

 

最初に頭金を多く入れていた場合には、もしかすると、ローンの残りの金額よりも売値の方が高く売れるなんてこともあるかもしれません。

 

そうなれば、売却後にはローンも完済でき、しかも貯金も作ることができるので最高のパターンです!

住宅ローン難民どころか、賃貸物件へ引越しをしてゆとりのある生活をおくることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ