家やマンションを売るのに一般媒介と専任媒介はどっちがいい?

家やマンションを売るのに一般媒介と専任媒介はどっちがいいのか?皆さん悩まれると思います。

実は、それよりももっと大切なことがあり契約の種類なんて大したことじゃないからです!

 

大切なのは、一般の方が自分で不動産屋を選んじゃいけないってことです。

どこの業者が腕が良いか?どこがいい加減な業者か?そんなことは一般の人には分からないからです。

 

間違いのない業者に売却依頼をでき、高値で早く売ってもらうには一括見積りサービスを利用して売却業者を見つけるしかありません。

       ↓   ↓   ↓

家を最高値で売却してくれる業者と査定額が分かります

 

ちなみに、ここを利用すれば不動産屋だけでなく転売業者、不動産投資家などを対象に見積もりがもらえるので、あなたの家をちょうど欲しがってくれる人に出会える確立が高くなるんです。

 

そんな人に出会えれば、相場より高く売れることも珍しくないんです。

きっと、近所の不動産屋さんに聞いた売値よりも高いところが出てくると思いますよ。

 

高い売値の見積りを出してくれるということは、すでにその値段で買いそうなお客さんを抱えているという事も多いんです。

 

地元の不動産屋だけに売却依頼してもお客さんの数が知れてます

地元の不動産屋さんにも、真面目で一所懸命に動いてくれるところもあると思います。

 

でも、他県からUターンをしようとしている人などには、なかなかあなたの売家情報を知ってもらうことはできません。

それに、ネットで情報を掲載してても、そのページに辿りついてもらうことはかなり難しいです。

 

でも、上記のような一括見積りサービスなら、他県の業者なども当然、見積もりの相手に含まれています。

なので県外にいる見込み客も逃すことがありません。

 

もちろん、地元の業者にも見積もりの声はかかりますから、買ってくれる可能性があるところは抑えられるので安心です。

 

今の日本で、これ以上に高く早くスムーズに売却できる方法は、たぶんないと思っています。

(私は、不動産投資をしている都合で、全国に大家仲間などがいますが、家を売る時は、このサービスを使う人が多いんです。それだけ全国どこでも高く売れやすいという意味だと思います。)

 

一般媒介契約と専任媒介契約のそれぞれの特徴

「一般媒介契約」

自分が頼んだ不動産屋さん以外が見つけてくれたお客さんが買ってくれる可能性もあります。

 

「専任媒介契約」

依頼した不動産屋さん以外は頼れないので、お客さんとの縁もかなり限られてきます。

 

正直、ケースバイケースなので、絶対にどちらが良いという事は言い切れません。

 

専任で頼まないと本気になってくれない不動産屋があれば、いくら見込み客を抱えていても紹介してくれないかもしれません。

 

そうかと思えば、一般媒介契約をしても、他社に紹介されまいと必死に動いてくれる不動産屋もあります。

 

これで迷っていても仕方がありません。

それよりも、いち早く一括見積りを試されるほうがはるかにお金も時間もお得になりますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ