家を売る際に家具を処分すべきかそのままか迷ったら

家を売る際に、家具は処分すべきか?それともそのまま置いたままで内覧を受けても売れ行きに差し障りがないか?迷ったり不安になる人は多いと思います。

 

ここで選択を間違えると、本来ならすぐに売れるはずの家がずっと売れ残ってしまう原因となったり、大幅な値引きをしないと売れなくなるような悲惨な状況に成りかねません。

 

実は私は中古の家を複数売った経験があるのと、私の周囲の沢山の大家仲間が中古の家を売り慣れているので「売り家の家具問題」の答えを知っているんです。

ぜひ参考にしてみてください。

家を売るなら家具は撤去するのが理想的!

いきなり結論になりますが、家を売るなら今使っている家具は全て撤去するのが理想的です。

その理由は以下のようなものになります。

  • 使い込んだ家具のせいで中古の家の清潔感が失われる
  • 家具のせいで壁や床の隠れた部分がチェックできない
  • 家具のせいで室内の広さなどが把握しづらい
  • 内覧者の好みと違う家具のせいで家の見た目の魅力が落ちる
  • 不要な家具を残されてしまったら・・・と不安になる

これは過去に紹介しました 空き家はモデルルーム化すれば売れやすい を既にご覧の方には「真逆じゃないか?」と思われるかもしれませんね・・・

 

でも、モデルルーム化するというのは新品の家具や家電などをわざわざ設置するというやり方なので、住人が使った家具を置いたままで内覧を迎えることとはまるで違うんです。

 

家を売る際に邪魔な家具は預けるか処分するかの2択が可能

家を売る際に住人が使っていた家具があるのがスムーズにまともな値段で売るためには邪魔だということはお分かりいただけたと思いますが、問題はその家具をどうするか?です。

 

家が売れるタイミングより先に次の住まいへと引っ越しされるのなら家具を持って行くことができるので問題はないと思います。

 

でも、家が売れてお金が入る目処が立たないと次の住まいを決められないというケースが圧倒的に多いのが実情です。

そこで便利なのが全国どこにでも家具などを預けることができるトランクルームというサービスなんです。

 

もちろん、売り家に住みながら売る場合にはどうしようもありませんが、それでも、内覧してくれる人には見せたくない家財などがある場合にはトランクルームに預けておけば家の中や庭を安心して見学してもらえるので利用してみる価値はあると思いますよ。

 

それでは、トランクルームと家具処分についてそれぞれご紹介します。

売り家の家具や不用品を預けられるトランクルーム

売り家に置いてある家具や不用品などをは1個あたりがタンスやソファーくらいのサイズのものまでなら余裕で預けることができます。

 

ちなみに、トランクルームというのは昔からあるコンテナガレージとは違い、エアコンが完備されて年中一定の気温を維持されたキレイな倉庫といった感じのものです。

なので、衣類や木製品を保管しても傷む心配がないんです。

 

部屋のサイズはいろいろで契約時に選べるのが一般的で、広さは半畳から5畳くらいまで揃っていて床がカーペットのようにキレイな作りのものもあります。

 

また、トランクルームによって東京の郊外の場合だと、1ヶ月の料金は半畳なら5千円ほどで4畳半なら4万円ほどです。地方ほど単価は安くなり、私の地方にいる知り合いなどは年間を通してバイクを2台預けている人もいるくらいです。

 

月単位で契約をするのが一般的なので家が早く売れた場合にはトランクルームを早々に解約して早く次の住まいに持っていくことで出費を抑えることもできます。

不要な家具は業者に依頼して処分してもらえばラク

トランクルームに預ける必要もなく次の住まいに持っていくこともない家具は早々に処分をしてしまったほうが得策です。

 

というのも家具などを処分してくれる業者は引っ越しシーズンなどには忙しくなるので、もしも引っ越しシーズンに処分をしたいと思ってもその時には予約が埋まってて依頼できない可能性や、依頼できても非常に割高な料金を請求されるリスクもあるからです。

 

処分業者さんにも閑散期はあるので夏場などの引っ越しが少ないシーズンなどに早めに依頼しておけば、安く済ませることができます。

 

また、少しでも安く処分するなら「暇な時に処分してもらってOKです」と提案することで、仕事にキャンセルが出た時などに処分してもらい、業者を助けることもでき、こちらも安く済ませることができるというWinWinな契約ができる可能性もあります。

 

いずれにしても、家を売る際には少しでも家具がない方が良いので、早々に家具を撤去してしまい、後は日焼けで色シミがついたクロスを貼り替えしたり、床が傷んでいる部屋はその部屋だけでも床の貼り替えなどをして家の魅力を上げる対策をして家が早く高く売れるように手をかけてあげることも大切なポイントとなります。

時間に余裕があれば売り家の家具をメルカリやヤフオクで処分してお金にするという選択肢も

もしも家を売るのに時間(日数)の余裕があれば単に処分をしてしまうよりもメルカリやヤフオクで処分するという手もあります。

(※メルカリは売り側の人はスマホだけでなくPCからも利用できます。買い手側はスマホでないとできないようです。)

 

この時の注意点としては、梱包や発送が簡単にできるくらいのものでない限りは「直接引取りに来てくれる人限定」にすることです。

 

例えば「家の中から運び出してくれる人」などと条件を提示しておけば、梱包だけでなく家からの運び出し作業もやってもらえるので非常にラクに済ませることができます。

 

場合によっては、リサイクル店のようなところが声をかけてきてくれることもあるので、そんな時はまとめて一気に処分ができることもありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ