家を売る 仏壇はどうしたらいいか

家を売るのに仏壇はどうしたらいいかきか?これを知らないとせっかく家相の良い家を選んでも台無しです。

 

日頃、お墓参りなどもちゃんとされていても仏壇を正しく引っ越しや処分ができないとご先祖様をないがしろにすることになりますよ。

 

でも大丈夫です。

新居に引っ越しをされる方や、家を取り壊すだけの場合などの仏壇や神棚への正しい対処方法をご紹介します。

 

仏壇処分よりも先に知っておくべき内容 → 家を高く売る方法

家を売る際に仏壇処分か引っ越しかで対処が変わる

家を売る際に仏壇を処分だけをするのか、それとも新居に持っていくのか?これによって対処方法が変わってきます。

 

そこで、処分と引っ越しの場合について具体的にご紹介しますね。

 

まず大前提なんですが、ご両親ともに亡くなられた後は通常は長男が親の仏壇を引き継ぐのが一般的です。

 

先祖代々のお墓を守り続けることと意味は同じなので、長男が背負うべきものです。

この場合は「仏壇の引っ越し」ということになりますよ。

 

家を売って仏壇を処分する場合

仏壇の処分は「燃えるゴミか不燃ゴミか」という次元の話ではありません。

まずは、処分をする仏壇に対して「魂抜き」という作業をしてもらうことが必要となるからです。

 

魂抜きが無事に終われば、通常はそのままお寺で処分(お焚き上げ)をしてもらうことになります。

※神式の場合には神主さんに魂抜きを依頼して、処分先を紹介してもらえば大丈夫です。

 

家を売って新居に仏壇を引っ越しする場合

家を売った後に新居に引っ越しをされる場合、引っ越し業者に仏壇の引っ越しをお願いされる方もいるようですが、その前にやることがあります。

本当ならお世話になっているお坊さんや神主さんに依頼して、魂抜きをしてもらう必要があるんです。

 

通常、仏壇には魂が入ってる状態でいるわけですが、この状態のままで持ち運ぶなんてことはしませんよ。

家を売って新居を買うなら→ 住み替えのコツ

 

家を売ったタイミングで新しい仏壇に買い換える場合

最近はインターネットでも気軽に仏壇が買えるので、家を売ったタイミングで仏壇を新しく買い替える方も多いと思います。

 

買い替えの場合、新しく買う仏壇屋さんで古い方の処分を依頼すれば、割安処分をしてもらいやすくなります。

 

もちろん、仏壇を新しいものに変える際にも、以前までの仏壇には魂抜きをする必要があり、次の新しい仏壇に対しては魂入れをしてもらう必要があるんですよ。

 

魂抜きや魂入れをしてもらうには

まず、魂抜きは、その仏壇の所有者がお世話になっていたお寺に依頼するのが理想的ですが、すでに保有者が亡くなられている場合には誰でも代わりに魂抜きや魂入れの「依頼」をすることはできます。

 

もともとお世話になっていたお坊さんや神主さんが分からなくても、仏式か神式かさえ分かれば対応ができ、仏具屋さんなどが仏壇のセットなどを見れば仏式か神式かすぐ判断できます。

 

次に魂抜きの作業は、仏壇がある場所にお坊さん神主さんに来てもらい、その場でお経や祝詞(のりと)をあげていただくことで完了します。

 

※ちなみに、我が家が以前に依頼した際には、新旧の仏壇を並べてその場で魂抜きと魂入れを行ってもらったことがあります。

 

お坊さんや神主さんによっては、必要な物は全て準備してきてくれるので何も用意しなくても作業は完了できることもあります。

場合によっては、「お酒」「米」「水」などを用意するように言われることもありますが、いずれにしても事前に打ち合わせはするので大丈夫ですよ。

 

魂抜きが終わった仏壇の処分方法

魂抜きが終わった仏壇は、以前までの田舎であれば自宅庭や畑などで単なる木材として焼却しても良いと言ってもらえたこともありますが、今はまず無理です。

 

なのでお寺や神社に持ち込んでお焚き上げをしてもらうか、お寺などが近くにない場合や断られた場合には、以前に仏壇を購入した仏具屋さんに相談してみてください。

 

それに、インターネットで「仏壇 処分」と検索すれば、有料で引取りをしてくれる専門業者さんもみつかります。

ダンボール箱に入れて送ることさえできれば処分を引き受けてくれますよ。

 

仏壇処分にかかる費用

仏壇の処分はサイズによって費用が変わってきます。

費用の相場は横幅45センチほどの小さい仏壇で1万円代、豪邸に据え付けられているような横幅が1mほどのもので5万円代くらいが相場です。

 

ただし、重さや材質によっては多少異なることもあり、特に大きなもので1人では運べないようなものだと5万円を超えるケースもあります。

私の体験上ですが、1人でも運べる仏壇なら、せいぜい2万円もあれば大丈夫でした。

仏壇をつけたままでは家は売れない

家を売る際に、魂抜きをした仏壇をそのまま残して売ろうとしてもまず売れません。

その理由はいくつかありますが、最大の理由は「仏壇は再利用しない」のが一般的だからです。

 

例えば、メリカリやヤフオクなど中古品の市場を見ても、中古仏壇なんてまず取引きがされていません。

なかには出品する人もいるようですが、購入してくれる人はいないのが現状で、恐らくは墓石の使い回しがないのと同様の理由です。

 

だからいくら豪華な仏壇であっても、それを残したままでは家が売れることはありえないんです。

家を高く売れば仏壇処分なんて気になりませんよ→ 家を高く売る方法

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ