建築制限にひっかかる古い家を簡単に売ってしまう方法

建築制限だらけの古い家を売るには、よほど売却の力のあるところに依頼をしないと、簡単に売るのは相当難しいです。

 

でも、それを簡単に実現する方法が一つだけあります。

自分の売家を気に入ってくれる人を見つけてその人に売ればいいだけです!

 

でも、それを実現するためには、できるだけ多くの不動産業者に声をかける必要があります。

自力で声をかけられる不動産屋の数は知れています

自分で選んだ街の不動産屋に10社程度声をかけたくらいではどこが売却に強いか分からないので高く売れる確率は極めて低いです。

 

でも今は、ネットを使えば売却に強い業者だけに声をかけることができ、しかも最高値で早く売れるんです!

 

それがこちらの一括見積もりサービスになります。

    ↓   ↓   ↓

建築制限がある家でも驚くほど高い売値が出る可能性大です!

 

実は私、不動産投資をしている都合上、今までに中古の家の売買を沢山繰り返してきました。

 

そんな体験上、50社や100社もの業者に声をかけることができれば、その日のうちにでも購入してくれるお客さんと出会うことさえある事を知っています。

 

以前は、自分の物件の間取りなどをコピーして、死にものぐるいで数多くの不動産屋さんを訪問してました。

でも今は上記の見積りサービスを使うことで以前よりも簡単に高く売ることができているんです。

 

建築制限がある家や土地でもスムーズに売れる理由

たとえ建築制限があっても、平気で買ってくれる人もいます。

 

例えば、高さ制限がある場所の家でも、次回の建て替えでそれ以下の高さにするつもりなら何も問題がありません。

 

つまり制限を超える必要がない場合には、たとえ建て替えまで見越しても困らないんですよね。

 

今回、売却をしようとしているあなたにとっては制限が邪魔に感じているかもしれませんが、それが問題にならない人にとっては、その売値や立地などの条件にぴったりで、他の物件よりも魅力的に感じる人もいるんです。

 

そういった人に売却ができれば、なにも安くしなくても売れます。

 

でも、そういった人は数多くはいません。

だから、膨大な数の不動産業者などに声をかけることで、ぴったりなお客さんと出会える確率を高めるしかありません。

 

それを簡単にしてくれるものが、一括見積もりサービスになります。

 

通常の見積もりサービスだと、だいたい5社程度の見積もりを比べることしかできませんが、上記で紹介しているものだと桁違いの100社などから最高値をみつけることができ、その業者名も知ることができます。

 

自分で面倒なやりとりをしなくても、一括見積もりサービスの担当さんが代わりに行ってくれますよ!

 

これなら、どんな建築制限があっても、きっとよ良い条件で売買が成立すると思います。

※建築制限の主な種類

都市計画法上の制限

建物の用途による建築制限

建ぺい率や容積率制限

斜線制限

道路との関係による制限

農地法による制限

宅地造成等規制法による制限

土地区画整理法による制限

道路法による制限

河川法による制限

都道府県・市区町村の条例による制限

サブコンテンツ

このページの先頭へ