田舎の土地を売る

田舎の土地を売る場合、多くの人がその土地の近隣の不動産さんだけに声をかけているそうです。でもそれだと大損する可能性が高いです。

今は、田舎の土地を探してるのは地元の人だけじゃありません!案外離れた土地の人や都市部の人などが田舎に住もうとネットで探していることが多いんです。

もし、あなたの依頼しようとしている業者が、パッとしないホームページなら力にならないかもしれません。それに、どこの不動産さんでも同じような値段で売ってくれるとは限らないんです。

 

いい加減な業者などは、「田舎ですから仕方ないですよ」なんてもっともらしい理由をつけ、少しでも安く、手っ取り早く売ってしまおうとする傾向があるんです。そんな事で何十万円や何百万も損をしたくありませんよね・・・

田舎の売り土地を最高値で売ってくれる業者の見つけ方

ネットの一括見積もりサービスを利用して、あなたの土地と相性の良い業者を教えてもらえば分かります。

最高値で売ってくれる業者と査定額が分かります

 

おおまかな査定額であれば、土地を実際に見せなくても金額を教えてもらえます。

それに、しつこい営業もありません。もしそんな業者がいれば登録からはすぐに外れるように厳しくしているそうです。

田舎の土地は上手に売らないとタダ同然になります

田舎の土地を探している人には「単純に田舎暮らしをしたい」とか「介護を目的に親の近くで生活したい」とかいろんな理由があります。ですが、あなたの売り土地と同様に売りに出されているライバルの売り土地も多く、過剰供給気味という背景もあるんです。

だから、上手に売却相手をみつけないといつまでも売れることなく最後は相場よりも遥かに安い売値をつけてタダ同然で売らなきゃいけないこともありえるんです。こうなると土地を売るというよりも処分と言う方が近いかもしれません。

もし田舎の売り土地に古家がついてる場合は不動産屋の力の差がさらに大きく影響します

田舎の売り土地に、古い家が残っている場合にはそれを欲しがってくれる人を見つけられる不動産屋とそうでない不動産屋とでは売値が大きく差が開きます。

なぜなら、最近は古民家の骨組みだけを残してフルリフォームを施してそこに住もうとするオシャレな人や、工房やアトリエ、又はカフェなどを作る人も多く、そういった顧客を抱えた不動産屋さんなら土地値を相場かそれ以上で売ることだって上手にやってのけてくれるからです。

 

その際に、もしも田舎の売り土地の近くにある不動産屋さんを何となく選んでいたら(そういう人がほとんどですが)きっと「土地を売るのには古い建物なんて邪魔ですから壊しましょう」と取り壊しを提案してくると思います。更地化して売却する方が不動産屋さんからすれば無難に売りやすいからです・・・

でも、ここで古い建物を上手にアピールできる業者ならと取り壊しするどころか、本来なら無価値の建物に100万円程度の上乗せをして売却してくれる可能性もあります!

家を壊すとなれば簡単に100万円以上のお金がかかります

家を壊すとなれば例え取り壊し費用が安いとされる木造の住宅でも100万円程はかかりますし、もしそれが耐火建築でしっかり建てられた昭和40年頃以降の建物なら処分の際に不燃物なども多く材料に含まれているので処分費用が150円ほどかかる可能性もあります。

(ほとんど全てが木で作られている純木造のような場合は処分費用が安く済むんです)

田舎の解体業者は独占状態で言い値になることも

人口が多い都市部なら解体業者の数も多いので大きく値引きをしてくれる安い業者さんも見つかりやすいですが、田舎になればなるほど1~2社の解体業者が独占状態で仕事を受けているのでかなり割高で値引きなんてしてくれないケースも多いんです。

そうかと言って、遠く離れた街にある解体業者に依頼をすれば運搬費用が割高になるのでむしろ高くなってしまいがちです。

田舎の不動産売却に慣れている業者なら行動力と経験値が半端ないです!

以前に、田舎の空き地を売却してもらった時の話ですが、最初は地元の駅前にあるそこそこ地元では大きな不動産屋さんに売却を依頼しました。

ところが、1年ほど経ってもまるで売れる気配がなかったので別の不動産屋さんに依頼先を替えてみました。するとその後、簡単にお隣の土地をお持ちの方に売ることができたんです。

どうしてそんなに簡単にお隣さん(隣も空き地)に売れたのかを営業マンに聞いてみると、「家や土地を売るなら隣近所にまずは声をかけるのが基本です」「地続きなら土地の利用方法が広がりますからね」と教えてもらいました。どうやら、お隣さんはいずれ息子さん夫婦が退職して田舎に戻ることになっているようで、その際には地続きの土地に別棟の家を建てるという話でした。

もちろん、こんな話はとてもラッキーなケースだとは思いますが不動産というのは購入者ごとに考えていることが違うのでどんな理由で誰が買ってくれるのは声をかけてみないと分かりません。私が売却依頼先として2社目に選んだそこの営業マンはそんな基本的なことを忠実に行っていただけだったんです。これは購入者が少ない田舎なら特にバカにはできないことだと思います。

どこにどんな可能性があるかも分かりませんが、そんな面倒な1つ1つの可能性を愚直に試してくれる不動産屋さんに頼むかどうかで特に田舎の土地の場合には「売れる」「売れない」が大きく違ってくることを学びました。

→ そんな理想の不動産屋が田舎でも見つかりやすい無料サービスの記事まで戻る

田舎暮らしのブームも一巡した感じがあり日増しに売れなくなってるところも

最近までは田舎で生活することがリタイヤ後の夢だったという話も耳にすることが多かったんですが、団塊世代の皆さんは既に田舎に家を構えているので、これからは田舎の土地に注目が集まることはありませんし、すでに田舎暮らしに懲りて都会生活に戻った方の話も世間では広まっています。

さらには、田舎の過疎化も進んでいるのでこれからも日増しに売れなくなると考えられます。近頃は九州や北海道などでも台風被害や豪雨被害なども目にすることが増え、その度に都会から田舎に越してきた人達が「不便で懲り懲り」というインタビューの受け答えも目につきます。

人口は田舎から都会に集中しつつあります

近頃ニュースなどでも話題になっているのが、病院やスーパーなどの生活に必要なものが「遠い」「少ない」という田舎から、便利な都会に人口が集中しつつあるという話です。確かに、昔に比べると田舎では大手スーパーが撤退し、一時期増えていたコンビニが減ったり、唯一残ってたガソリンスタンドも廃業してガソリンスタンドが存在しない田舎町もあるので納得です。

田舎の土地は処分したくてもできない人も増えています

田舎の土地は人気があって利便性が良いところであれば買い手がつくこともありますし、値下げをすれば近所の人が買ってくれたり、穴場的な売物件として注目を集めて手放すこともできます。

でも、その土地へのアクセスがあまりにも悪かったり、近所にあったスーパーなど生活用品を手に入れられる唯一の店が無くなってしまうなどで、需要が絶望的になればタダ同然にしても売れなくなる可能性があるんです。

私が知っている田舎の売り土地で困ったケースだと、そのエリアに唯一存在していたガソリンスタンドが廃業したことで一気に需要が減少してしまい、半値にしても売れず、ひたすら草刈りだけをしているというどうにもならない話を知っています。

その方の保有されている土地はシルバー人材センターさえも存在しない場所らしく、自分で汗だくになりながら危険な草刈りをしてます。以前に少し放置をしていたら、すぐに隣接している土地の所有者から「雑草が伸びて大変なことになっている」「うちの土地にも草が広がってくるからすぐに刈ってほしい」とクレームがついたそうです。

こんな事になってしまってから売ろうとしても、それこそタダでも貰い手がない状況になってしまいます。田舎の土地は「売る」と決めたら1日でも早く行動に移すことが大切です。

→ 田舎で頼れる不動産屋が簡単に見つかる無料サービスの記事まで戻る

隣接する土地が放置されることであなたが被害を受ける可能性も

これはどこの土地でも言えることですが、特に田舎の土地の場合には隣接する地主さんが亡くなった後に放置をされてあなたの土地に雑草が広がってくるなどの悪影響が出ることも考えられます。

町中ならひと目があるので相続した人は流石に放置できませんが、田舎の場合には相続人が何年も見に来ていないなんて事もあるので、そんな場合には雑木林になりかけても放置されっ放しのリスクがあるんです。

そんな土地が固まっている場合、隣接する土地が放置だらけになる前に売ってしまえば手放せる可能性は高いですが、もし周囲が放置だらけになってしまうと、見た目にも魅力がなくなるので余計に売れなくなります。いくら安くしても次に購入しようとする人からすれば「お荷物な土地を引き受けてしまう」というイメージを持たれてしまいますよ。

田舎の土地には不法投棄も増えているので売る時は要注意!

田舎の土地で最近目につくのが不法投棄です。冷蔵庫や原付きバイクや自転車、またはビニール袋に入った得体の知れないゴミなど投棄されるケースが増えています。

これはゴミ処理が厳しくなったことと、不法投棄しやすい草むらの土地が田舎で増えていることが大きな原因です。昔はどんな田舎に行っても田畑はちゃんと手入れをされていたものですが、今は耕作放棄地も増えているために、ひと目につかずに簡単にゴミを不法投棄できるようになっています。

仮に、あなたの土地にゴミがなくても、近隣の土地がゴミだらけになってしまえばそのままで売れる可能性は極めて低くなります。かと言ってあなたが他人のゴミを処分することもお金がかかることから現実的ではありません。

それに、もし他人の土地の不法投棄のゴミを処分してあげたとしても、その後の管理をよほど徹底しない限りゴミの投棄はいつまでも続くのでいたちごっこになります。

下水道工事ができていない田舎の土地はそれだけで売れなくなることも

田舎の土地は例え家を建てることができる「宅地」だったとしても、トイレが原因で売れないリスクを抱えています。それは水洗トイレが導入できないという原因です。

都会と違って田舎ではまだまだ下水道工事が普及していないところも多く、住宅が沢山あるような場所でも実は汲み取り式のところもまだまだ多いんです。実際に私の実家も一応は「市」で、人口が3万人超の街でコンビニもありますが、市の場所によっては下水道工事が完全普及がしていないんです。

その場合、簡易水洗という方法のトイレは導入できますが、下水道ではないので月に1回か2ヶ月に1回は汲み取り業者に来てもらう必要があります。こんな経験を今までしたことがない人達からすれば、それだけで土地の購入を諦めるケースも珍しくありません。

もし、売り土地まで下水道を引っ張って来れるようでしたら、数十万円ほどかかることもありますが、「下水道工事済み」の状態にしてから土地を売るのも効果的です。なぜなら、下水道対応をしていなければ、次に購入した人が自分で工事費用を負担しなくてはいけないので、それだけでも買う気が失せてしまいます。

ところが、売り主であるあなたが数十万円の出費をして対処してあげることで、売れやすくなります。

それに、不動産屋さんがネット広告に土地情報を出してくれた場合にも、土地探しをしている人は「下水道完備かどうか」を最初にチェックしますので、もし完備されていなければ写真や値段などを見るよりも前に画面を閉じられてしまうリスクもあります。

数十万円を払って何百万円もの土地売却を成立させるか、それとも数十万円の出費を惜しんでいつまでも売れない土地を抱えるか、田舎の土地売却はこの2択と言っても過言じゃありません。

ちゃんとした不動産屋さんならこうした部分も提案してくれますし、田舎の土地でスムーズに下水道工事を依頼できる業者もすぐに手配してもらえます。もちろん、工事にかかる見積を見てからどうするか決めれば良いので何が何でも下水道工事をしないといけないってわけじゃありません。安心してください。

田舎の土地売却に強い業者は存在します

田舎の土地を売却するのに強い業者は存在していて、それらの中には市や県と一緒に連携して田舎暮らしを支援するなど移住後のサポート体制まで整えているNPO団体などと繋がりを持っている場合もあります。

当然、普通の不動産屋さんが持っている顧客集めの情報力に加えて市や県を通しての移住希望者の紹介などもあるのでそうした所にあなたの田舎の土地を売却してもらえばスムーズに売れやすくなります。

とは言え、そこが必ず高い値段で売ってくれるとも限りません。まずは見積りを集めてみて、比較する基準を持たないと相談しても良い結果になるかどうか分かりません。(私の体験上だと、見積りサービスを利用して最高値の業者をみつけ、声をかけてみたらそこが「市や県と繋がっていた」というケースもありました。)

→ 田舎で頼れる不動産屋が簡単に見つかる無料サービスの記事まで戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ