スクレーパーがあれば劣化してうまく剥がせないシールも楽勝!

小さなお子さんがいる場合には、戸建てやマンションに関わらず売却前には剥がしておきたいシールもあるんじゃないでしょうか?

 

スクレーパーがあれば劣化してうまく剥がせないシールも楽勝ですよ!

 

もし小さなステッカーなど、面積が小さいものならこれが一押しです。

どこのホームセンターでもカッター売り場と同じ場所に大抵並んでます。

IMG_6016

全長12センチほど、価格は350円でした。(手は大きいほうです・・・)

 

大きいサイズもいいですが、こんなふうに横幅が3センチくらいのものも、先の刃に力が集中して加わるのでいい感じです。

時に、角を使い、時にノミのような使い方で頑固に張り付いたシールを剥がすことができるんです。

 

なお、私が先ほどの小さいのとセットで持っているのが、広範囲を一気に攻めれる大きなタイプ♪

こちら!

IMG_6013

いや~、これがあるとホントに作業効率が捗りますよ!

先端の刃は普通のカッターの刃に比べて厚みが2倍ほどあって、鋭利な刃がある方と、反対の鉄板の方と、はさみ直すことで両方を使えるんです。

 

柄の頭の部分はハンマーで叩けるように、金属で強化されています!

適度にずっしりした重みがあり、その重さのおかげで剥がす時もラクでした。

 

シールなどを剥がすには、刃の方を使えばバッチリです。

あと、先の刃だけも10枚入りで500円くらいで購入できます!

 

ちなみに、刃先にはワンタッチ式のカバーも付いているので、保管する際にも工具箱に安心して放り込めますよ。

 

本体価格は1800円でした。

これも、上記のスクレーパーと同じ場所に並んで売られていました。

 

とりあえず、この2タイプがあれば、もう剥がせないものはないと思いますよ♪

 

強力な両面テープで貼り付けたものなども、バッチリです。

シールを剥がした後に糊が残ったら

もし、シールを剥がした後に、べっとりと糊が残ったら・・・

 

その場所の素材にもよりますが、もし鉄やプラスチックで、塗装などもない場所なら、ホームセンターのカー用品売り場にある「ブレーキクリーナー」や「パーツクリーナー」がオススメです。

 

シールの糊などを溶かす力もあるし、量が半端なく沢山入ってて、それでいて安いんですよね。

 

だから、遠慮なくたっぷり吹き付けて、雑巾で吹いたり、スクレーパーですぐに擦れば、そのまま擦るよりも落ちやすいですよ。

 

拭き取らずに放置しても、すぐに蒸発する成分ですが揮発性が高いので、空気の入れ替えをしながら使ってくださいね。

締め切った部屋で使うのはオススメできませんよ~

 

と言っても、普通に売られてるものだから、特別に危険な物じゃありませんので、女性でも気軽に使ってもらえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ